@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凝り【コゴリ】

デジタル大辞泉

こごり【凝り】
凍って固まること。こごること。また、そのもの。
「霧が巨きな―になって太陽面を流れている」〈賢治・圃道〉
煮魚のゼラチン質が煮汁とともに冷えてゼリー状に固まったもの。煮こごり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こり【凝り】
筋肉がかたくなってその部分が重く感じられること。「肩の凝り」「凝りをほぐす」
一つの物事に熱中すること。「凝り性(しょう)」
凝結すること。
「夕―の霜置きにけり朝戸出にいたくし踏みて人に知らゆな」〈・二六九二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しこり【凝り/×痼り】
筋肉・皮下組織などの一部が、こってこわ張ったり、固いかたまりをつくったりすること。また、その部分。「肩の―をほぐす」
物事がかたづいたあとまで残るわだかまり。「両者の間に―が残る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こり【凝り】
肩がこる,筋肉がこる,などという場合の〈こる〉という言葉は,筋肉が異常に緊張したり,または痙縮を起こしたときに感じる自覚症状を意味する。筋肉の緊張が亢進すると,ついには痛みを感じるようになる。こりと痛みとは表裏一体現象で,つまり,こりとは有痛性痙縮ということができる。こりの最も一般的な原因は筋肉の疲労である。たとえば肩こりを考えると,人間が日常,5~6kgの上肢全体を軀幹からつり下げているためには,僧帽筋肩甲挙筋,前鋸筋が常時,抗重力作用を営んでいなければならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こごり【凝り】
こごること。また、そのもの。
魚の煮汁をこごらせたもの。煮こごり。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こり【凝り】
何か一つのことに熱中すること。こること。 -性 -屋
こってできたしこり。 肩の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凝り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凝りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation