@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凝固点降下【ぎょうこてんこうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凝固点降下
ぎょうこてんこうか
depression of freezing point
氷点降下,融点降下ともいう。溶媒に不揮発性の溶質を溶かした溶液凝固点が純溶媒よりも低くなる現象。溶液の蒸気圧降下が原因。この現象により不純物を溶かした溶媒の凝固点は必ず下がる。これにより,有機化学化合物が不純物を含むかどうか,また純度の決定や,標準物質を溶媒として第三物質との混合物の凝固点測定から,標準物質と第三物質が同一かどうかの確認に利用される。また希薄溶液では凝固点降下は溶質粒子のモル数 (非電解質の場合はモル数そのもの,電解質では電離したイオンも考慮したモル数) に比例するので,溶質の分子量や電離度の測定に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょうこてん‐こうか〔‐カウカ〕【凝固点降下】
純粋な液体凝固点よりも、他の物質を溶かしたときのほうが、凝固点が低くなる現象。電離しない物質を溶かしたときは、そのモル数に比例して降下し、物質の種類に関係しない。分子量の決定などに利用。分子降下氷点降下。融点降下。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

凝固点降下
 氷点降下ともいう.純粋な溶媒に溶質を溶かすと凝固点が降下する.降下温度は溶質の濃度に比例するので分子量の測定や純度の検定に使える.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょうこてんこうか【凝固点降下 depression of freezing point】
純粋な液体の凝固は物質固有の一定温度(凝固点)で起こるが,それに他成分を加えると凝固点が降下するのが普通である。この現象を凝固点降下,融点降下depression of melting point,あるいは厳密ではないが氷点降下ともいう。これが起こるのは第二成分が主成分の液相中では溶けるが,固相中には溶けない場合である。凝固点降下の大きさは熱力学的取扱いによれば第二成分の濃度に比例する。すなわち,単位質量(1kg)の溶媒中に溶かす溶質(第二成分)の物質量をmmolとすれば,希薄な領域では次式が導かれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

凝固点降下
ぎょうこてんこうか
freezing point depression

溶媒の凝固点よりも溶液となったときの凝固点のほうが低くなる現象。氷点降下ともいう。一般に、ある純粋な液体に不揮発性の第二の物質を溶かせば蒸気圧は低下する。すなわち、溶液の蒸気圧は各温度において溶媒の蒸気圧より低いため、溶液の凝固点が溶媒の凝固点より低くなる。

 不揮発性の物質を溶かした希薄溶液(理想溶液に近い)の場合、その凝固点降下の程度はモル数に比例する。溶媒100グラムに溶質Wグラムを溶かした溶液の凝固点と純溶媒の凝固点との差をΔT、溶質の分子量をMとすれば、ΔT=kW/Mが成立する。このときkは溶媒に特有な定数で、その溶媒のモル凝固点降下という。水、酢酸、ベンゼン、ナフタレンなどを溶媒にして分子量を測定することが多い。装置としては温度を精密に測定する必要があり、ベックマン温度計が使われる。

[吉田俊久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょうこてん‐こうか ‥カウカ【凝固点降下】
〘名〙 ある純粋な液体に第二の物質を溶かしたとき、凝固点が低くなる現象。食塩水が摂氏零度で凍らないのは、その一例。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

凝固点降下
ギョウコテンコウカ
freezing point depression

液体にほかの物質を溶解したとき,凝固点が降下する現象,あるいは効果の度合をいう.純溶媒に溶質を溶解したとき,溶液の凝固点降下度

Δ TfはΔ TfKfm
で表される.ここで,mは溶質の質量モル濃度Kf は比例定数で溶媒の種類によって決まり,溶質にはよらない.熱力学的に

KfRT02/(1000lf)
が導かれる.T0 は純溶媒の凝固点,lf はその溶媒1 g 当たりの融解熱である.凝固点降下は,Δ Tfの測定と既知の Kf から,溶質の分子量の決定に古くから用いられている.自然界にも広く見られる現象であるほか,路面の凍結防止にも利用される.[別用語参照]凝固点降下法

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凝固点降下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凝固点降下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation