@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凝結【ぎょうけつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凝結
ぎょうけつ
(1) coagulation; flocculation 凝析ともいう。液体または気体中に分散している微粒子が集り,大きな粒子をつくる現象,またはそれによって沈殿する現象。この現象はろ過沈殿濃縮,重力沈降,遠心分離集塵などの分離操作に応用される。
(2) setting 水和硬化性セメント類に水を加えると,水和反応が起り,流動性が失われる現象。
(3) condensation 気体が冷却または加圧されて液体となる現象。凝縮に同じ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょう‐けつ【凝結】
[名](スル)
凝縮(ぎょうしゅく)2」に同じ。
コロイド溶液電解質を加えると、コロイド粒子が大きくなって沈殿する現象。凝固。凝析。
感情や考えがこりかたまること。
「私の思いは、ただ一点に向かって―されていたのである」〈太宰・チャンス〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

凝結
凝固(condensation)と同じに用いられる.凝結は凝結(coagulation)の意味で使用される.coagulationとは液体または気体中に分散している微粒子が集合して大きな粒子を作る現象をいう[片山ほか : 1970].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょうけつ【凝結】
(1)蒸気の凝結condensation 凝縮ともいう。飽和蒸気冷却したり定温で圧縮したりするとき,蒸気の一部が液化する現象。ふつうは空間に浮遊する微小なちりやイオンなどをにして液滴が生ずることによって始まる。雲の発生などにかかわりのある,大気中の水蒸気の凝結の中心となる吸湿性の微粒子を凝結核と呼ぶが,これは直径10-5~10-4cm程度の燃焼生成物および海水のしぶきが乾燥してできる食塩微粒子などである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

凝結
ぎょうけつ
coagulation
flocculation
condensation

液体または気体中に分散しているコロイドのような微粒子が集合して、より大きい粒子をつくり沈殿することをいう。凝集、凝固、凝縮などと同義に使われ、とくに凝縮と同義に用いることが多い。凝析ともいう。

 ゾルに電解質を加えると、コロイド粒子に反対符号のイオンが吸着して、粒子の電荷が中和されるため凝結がおこる。このときイオンの価数が大きいほど凝結の効果は大きい。一定時間内でコロイドを凝結させるのに必要な電解質の量を凝結価あるいは沈殿価という。

 ゾルの凝結は、ゾルを凍らせた場合とか、2種のゾルを混合した場合などでもみられる。また、タンパク質のようなものは熱すると凝結(熱凝結という)する。硫化ヒ素ゾルと水酸化鉄ゾルのように反対の電荷をもつ2種の疎水コロイドを混ぜると互いに凝結をおこす。しかし疎水コロイドに親水コロイドを加えて安定なコロイドを得る方法もある。これを保護コロイドという。

[吉田俊久]

気象

大気現象としては、大気中の水蒸気が水に変わることで、地物の表面で凝結して露となり、空間で凝結して霧や雲となる。空気中に含まれる水蒸気量は普通、水蒸気圧で表される。その含みうる上限は温度によって定まり、飽和水蒸気圧で表される。温度が低いほど飽和水蒸気圧は低い。したがって一定の水蒸気量を含む空気塊の温度が下がれば、水蒸気圧はいずれは飽和値に達し、温度がさらに下がれば、含みきれなくなった分だけ水蒸気が液相に変わる。これが露、霧、雲である。

 空気塊の温度を下げることになるもっとも重要な現象は、その空気塊の上昇である。気流が山岳に当たれば上昇する。また冷気塊と暖気塊とが衝突すれば、暖気塊は冷気塊の上にはい上がる。大気は上空ほど気圧が低いので、上昇気塊は膨張しそのために温度が下がる。上昇途中で水蒸気が飽和値に達する高度を凝結高度という。したがって凝結高度は雲底の高さに相当する。山頂部に雲がかかったり、低気圧に伴う前線上に雲を生ずるのはこの理由による。気塊中に含まれている水蒸気量が少ないほど、凝結高度は高い。

[三崎方郎]

『高橋劭著『雲の物理――雲粒形成から雲運動まで』(1987・東京堂出版)』『武田喬男著『水循環の科学――雲の群れのふるまい』(1987・東京堂出版)』『北原文雄・古沢邦夫著『最新コロイド化学』(1990・講談社)』『北原文雄著『界面・コロイド化学の基礎』(1994・講談社)』『森山登著『分散・凝集の化学』(1995・産業図書)』『二宮洸三著『豪雨と降水システム』(2001・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょう‐けつ【凝結】
〘名〙
① 液体、または気体中に分散している微粒子が、集合して大きな粒子となって沈殿する現象。また、広く、液状または粒状の物質が集まり固まること。凝固。凝集。
※元和本下学集(1617)「磤馭盧島 ヲノコロシマ〈略〉潮沫自然凝結(ゲウケツ)島 故自凝島也」 〔淮南子‐原道訓〕
※面影(1969)〈芝木好子〉一「内側の静まりや女らしさを、こんなにも凝結して表現したことに」
③ (比喩的に) 感情や考えなどがこり固まること。こり固まってある状態を作り上げること。また、そのこり固まったものや状態。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「凡そ保守旨義の人物が寄り聚(あつ)まりて内閣を凝結(ゲウケツ)するの時に在りては」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉中「今迄ざわざわと動いてゐた私の胸が一度に凝結(ギョウケツ)したやうに感じた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

凝結
 →凝集

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凝結」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凝結の関連情報

関連キーワード

ラジオ波熱凝固療法DICコロイド凝固凝結組織凝集剤凝固食道癌食道静脈瘤

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation