@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凝縮核【ギョウシュクカク】

化学辞典 第2版

凝縮核
ギョウシュクカク
condensation nucleus

清浄な蒸気の温度を下げて飽和蒸気圧に達すると,蒸気が凝縮して霧が発生するはずであるが,実際にはそれよりもはるかに低温にしなければ,霧の発生は起こらない.これを過冷却あるいは過飽和という.この状態にある蒸気に,微小な液体あるいは固体粒子またはイオンを与えると,たちまちそれらが核となってが発生する.これを凝縮核という.ウィルソン(Wilson)の霧箱はこの現象を利用して,α線,β線などの飛跡にそって霧を発生させる装置で,近代原子核物理学の発展に大きな貢献をした.このとき凝縮核がなくとも,十分冷却すれば霧は発生するが,このときには密度のゆらぎが起こって,蒸気分子の一時的集合状態が凝縮核の役割をするものと考えられる.溶液から溶質が析出したり,液相から気泡が発生するときなど,一般に均一系から異相が発生するときにも類似の現象が認められる.La Mer(1952年)は食塩を気相中に蒸発させ,これを凝縮核として種々の有機物の単分散の霧をつくることに成功した.溶液中で単分散のコロイドをつくることにもこの方法は用いられる.[別用語参照]トムソンの法則

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凝縮核」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凝縮核の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation