@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凝縮【ぎょうしゅく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

凝縮
ぎょうしゅく
condensation
凝結ともいう。気体をある温度以下に冷却,または放熱させながら圧縮すると液体となる。気体が液体に変るこれらの現象を凝縮というが,特に前者を凝縮,後者液化として区別することが多い。氷を入れたコップ外側水滴がつき,寒い朝にが生じるのは狭義の凝縮の例である。気体を冷却または圧縮していくとき,ある温度または圧力に達すると気体は気体中に浮遊する微小なちり,イオンなどをにして液滴を生じて凝縮しはじめる。これらの凝縮核を含まない清浄な気体では,この温度や圧力をこえて冷却または圧縮しても凝縮しないことがあり,この気体の状態を過飽和であるという。過飽和蒸気中に核となるものが投入されると,それを中心として急速に凝縮し,液滴を生じる。霧箱はこの現象を利用して荷電粒子飛跡を検出する装置である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょう‐しゅく【凝縮】
[名](スル)
こり固まってちぢまること。趣旨・内容などを一点に集中させること。「作者の心情がこの一行に凝縮されている」
気体が冷却または圧縮されて液体に変わる現象。凝結

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょうしゅく【凝縮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょうしゅく【凝縮】
スル
ばらばらのものが一つに固まって縮まること。 皆の気持ちを一つの言葉に-させる
飽和蒸気の温度を下げたり圧縮したりすると、蒸気の一部が液体に変わる現象。凝結。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

凝縮
ぎょうしゅく
condensation
気体をその圧力における飽和温度以下にすることによって液化させることをいい、凝結と同義に用いることもある。気体を凝縮させるには、圧力を一定のままで温度を下げてある温度以下にするか、温度一定のままで圧力をその液体がもつ飽和蒸気圧以上に上げればよい。前者を狭い意味の凝縮という。原理的には飽和蒸気圧を超えると凝縮が始まるが、一般的にはこの圧力を超えたある圧力から始まる場合が多い。この状態は過飽和蒸気であり、準安定状態である。気体が臨界温度より高いときには凝縮はおこらない。凝縮のおこる温度を凝縮点という。単一物質のときはこの凝縮点は沸点と一致している。
 凝縮のときに発生する熱量を凝縮熱といい、蒸発熱と大きさが等しく、符号が反対である。[吉田俊久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょう‐しゅく【凝縮】
〘名〙
① (━する) こり固まって縮まること。ある一点に集中させること。凝結。
※化物の進化(1929)〈寺田寅彦〉「前者は集積し凝縮し電子となりプロトーンとなり」
② 気体が液体に変化すること。また、その現象。気体を一定圧力のもとで温度を下げて臨界温度以下にした時、または一定温度のもとで圧力を加えて飽和蒸気圧以上に圧縮した時などに起こる。凝結。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

凝縮
ギョウシュク
condensation

冷却または圧縮によって飽和状態となった蒸気が液体にかわる現象.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

凝縮
凝固

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凝縮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凝縮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation