@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凡人【ボンジン】

デジタル大辞泉

ぼん‐じん【凡人】
普通の。ただの人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼん‐にん【凡人】
普通の人。ぼんじん。
身分の低い人。並の家柄の人。
「これ皆摂禄(せつろく)の臣の御子息、―にとりてはその例なし」〈平家・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼんじん【凡人】
普通の人。平凡人。 われわれ-には思いつかぬこと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼんにん【凡人】
普通の人。ぼんじん。
身分の低い人。臣下。 賢王猶御あやまりあり、況や-においてをや/平家 2

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐じん【凡人】
〘名〙 普通の人。ぼんじん。有職家の語。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼん‐じん【凡人】
〘名〙
① 皇族や貴族に対して身分の低い人。平民。ぼんにん。〔晉書‐烈女伝・慕容垂妻段氏〕
② 世間に普通の、なみの人。ただの人。凡夫。ぼんにん。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)一「おん身のごとき大慈悲の人は、世に又とあるべからず。よも凡人(ボンジン)にては候まじ」 〔新語‐弁惑〕
[語誌]「文明本節用集」以下、節用集類はすべて「ぼんにん」と示されて、「和英語林集成」も三版に至るまで「ぼんにん」だけである。また、国語辞典で「ぼんじん」が立てられるのは明治三〇年(一八九七)以降。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼん‐にん【凡人】
〘名〙
① 皇族や貴族に対して身分の低い人。庶民。平民。ぼんじん。
※小右記‐長保元年(999)一二月二日「依御遺令用凡人礼」
※高野本平家(13C前)二「賢王猶御あやまりあり、況や凡人(ホンニン)にをいてをや」
② 普通の人。ただの人。凡夫。ぼんじん。
※平治(1220頃か)下「ようきれ。とて見かへりて、にらまれける眼ざしは、げに凡人とはみえざりけり」
③ とるべき出自を持たぬ僧。出自の身分の高い僧を貴種と呼ぶのに対していう。
※醍醐寺新要録(1620)「是は大阿闍梨貴種也。凡人の例は報恩院其証也」
[語誌]→「ぼんじん(凡人)」の語誌。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凡人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凡人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation