@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

処女【ショジョ】

デジタル大辞泉

しょ‐じょ〔‐ヂヨ〕【処女】
《家に処(い)る女の意》未婚の女性。性交の経験のない女性。きむすめ。
ふつう他の漢語の上に付いて、複合語の形で用いる。
㋐人がまだだれも足を踏み入れていない意を表す。「処女雪」
㋑その人・物にとって初めての経験である意を表す。「処女出版」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょじょ【処女】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

処女 (オボコ)
動物。ボラの幼名

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐じょ ‥ヂョ【処女】
[1] (「家に処(い)る女」の意) 未婚の女子。性交経験のない女性。おとめ。きむすめ。
※文華秀麗集(818)中・賦得張子房〈嵯峨天皇〉「形容類処女、計画撓強権
※談義本・艷道通鑑(1715)三「媒(なかだち)なくて処女(ショヂョ)を犯(おかす)は壁を越る賊子」 〔戦国策‐燕策・昭王〕
[2] 〘語素〙 他の名詞の上に付けて用いる。欧米語からの翻訳借用語。
① 受精を行なわないことを表わす。「処女芽胞」「処女結実」など。
② 自然の事物で、まだ人が足を踏み入れていないことを表わす。「処女地」「処女峰」「処女林」など。
③ はじめての経験であることを表わす。最初の。「処女作」「処女航海」など。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉悪声か好評か「此処の演説に成功するは議院の処女(ショヂョ)演説よりも効験がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

処女」の用語解説はコトバンクが提供しています。

処女の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation