@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

凸版【トッパン】

デジタル大辞泉

とっ‐ぱん【凸版】
印刷版式の一。突起している画線部にインキをつけ、紙などに押圧して印刷する方法。活版鉛版網凸版などがある。→凹版

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とっぱん【凸版 letterpress】
印刷するときに用いる版の一種で,インキのつく画線部を凸状にした構造のものをいう。平版,凹版,孔版に対する語。印刷版をこのように4種類に分類することは,技術上からも実務上からも便利であるので,古くから行われている。版は,印判の例を見てもたやすく理解できるように,画線の面が非画線の面より高く,この間の高低差を利用して画線面のみにインキをつけて印刷するもので,これには非常に多くの種類がある。最も代表的なものは活版印刷で用いられる活版で,このほか,線画を印刷するために線画部分のみを凸にした線画凸版,写真など濃淡の階調のあるものを印刷するため,濃淡を凸状の点(網点という)の大小におきかえた写真版(網凸版),写真版の一種で,原画の白色部を強調するため白色部の網点を取り除いたハイライト版,同じく写真版の一種で,カラー印刷に用いる原色版などがこれに属する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とっぱん【凸版】
印刷版式の一。印刷しようとする画線を凸状に製版した印刷版。活字組版・鉛版・網凸版などがある。 → おう版 ・平版

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とっ‐ぱん【凸版】
〘名〙 (「とつばん」とも) 印刷する画線部を残して版材の表面を彫って低くし、残された凸部にインクをのせて刷(す)る印刷法。木版・リノリウム版・活版など。凹版の逆。
※風俗画報‐三四五号(1906)市谷加賀町一丁目「秀英社第一工場〈略〉写真部及製版、細網版、凸版(トツバン)、凹版(あうばん)、木版、鉛版(えんばん)等にして、職工の数凡(およそ)八百名」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凸版」の用語解説はコトバンクが提供しています。

凸版の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation