@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出し網【だしあみ】

大辞林 第三版

だしあみ【出し網】
建て網の一。帯状に張った垣網。これで魚を一定の場所に誘導し、巻き網・敷き網などで取る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だしあみ【出し網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

出し網
だしあみ
漁具の一種。定置網建網(たてあみ))類の出し網類に属する。所定の水面に帯状の垣網を敷設しておき、魚をこの網に沿わせて一定の場所に誘導する。誘導した魚はほかの漁具、たとえば刺網、敷網、巻網などによって漁獲する。網は木や竹の支柱と錨(いかり)で敷設され、この類の網には、各種の出し網、建切(たてきり)網がある。クロダイ(チヌ)、スズキ、アジ、サバ、ボラ、イルカなど、沿岸近くまで来遊した魚群に使用されるが、接岸する魚群の減少により現在はほとんど用いられていない。出し網類には、ほかに建干(たてぼし)網がある。これは潮の干満を利用して水産生物をとる帯状の網で、干満差の大きい瀬戸内海、有明(ありあけ)海などの内湾、河口などに支柱で種々の形に敷設される。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出し網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出し網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation