@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出作【デサク】

デジタル大辞泉

で‐さく【出作】
荘園内に居住する農民が、居住地以外の荘園・公領田畑耕作したこと。でづくり。
出小作(でこさく)」に同じ。⇔入り作(さく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でさく【出作】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出作
でづくり
「でさく」ともいう。農民が自分の住む村内から,遠く他村の土地まで耕作に出かけること。耕地を有する村落からは,この現象入作 (いりさく) という。耕地は一般に近いところから開かれ,次第に遠いところへ進出するが,通勤が不可能になると,小屋を造り,季節的に移住して作業に従事するようになる。ときにはそこに永住して村落を形成することもある。この場合は親村と子村の関係が成り立つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出作
でさく
出作」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっ‐さく【出作】
〘名〙 荘園制において、自分の領主の土地以外の荘園・公領を耕作すること。
※東南院文書‐保安三年(1122)二月日・伊賀国在庁官人等解「東大寺庄黒田鞆田玉滝三箇処住人等、出作公田官物不弁済、兼背先例

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐さく【出作】
〘名〙
① 古代・中世、自分の居住地以外の荘園・公領に出かけて耕作すること。また、その土地。でづくり。
※東大寺文書‐承暦四年(1080)三月五日・東大寺政所下文案「黒田庄出作田堵等」
② 江戸時代、他領・他村に田地を持った百姓が、その村に出かけて耕作すること。また、他村に塩浜を持つ者がその村へ行って製塩することをもいった。でづくり。⇔入作(いりさく)。〔地方落穂集(1763)四〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐づくり【出作】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation