@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出先【デサキ】

デジタル大辞泉

で‐さき【出先】
外出、または出張している先。「出先から連絡がある」
出先機関」の
品物の出どころ。「骨董品の出先を確かめる」
芸者の呼ばれる料亭待合など。おでさき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でさき【出先】
出掛けて行った先。 -から電話する
「出先機関」の略。
芸者の呼ばれて行く所。待合など。
物の出所でどころ凶器の-を調べる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

で‐さき【出先】
〘名〙
① 外出している先方の場所。また、出張している先。
※雑俳・菅の根(1840)「正直に受て出先へ妻雨具」
② 芸者のまねかれる料亭・待合など。
※人情本・春色恋白波(1839‐41)二「出先から、〈略〉いそぎの文をとどけしかば」
③ 物の出ばった先。
※俳諧・露沾俳諧集(1733頃)夏二「船に氷の解る早川〈虚谷〉 鵜の眠る出崎の春の静さよ〈露沾〉」
④ 品物の出どころ。
※不良児(1922)〈葛西善蔵〉「その時計の出さきがはっきりしない以上、どうにも仕方がないんだからね」
※春の城(1952)〈阿川弘之〉三「特務班の出先が漢口に開設された頃」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出先」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出先の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation