@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出力【しゅつりょく】

パソコンで困ったときに開く本

出力
ディスプレイで画面表示、プリンタで印刷、スピーカーから音を出すなど、パソコンからいろいろな形でデータを外に出すことです。こうした機器をまとめて「出力機器」と呼ぶこともあります。無線で電波を出したり、通信でデータを送信することを出力と呼ぶ場合もあります。
⇨インターフェース、データ、入力

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

しゅつ‐りょく【出力】
[名](スル)ある装置・機構が入力を変換・処理して外部へエネルギー仕事を送り出すこと。また、そのエネルギーや仕事。例えば、発電機が提供する電力、オーディオ装置が出す音声コンピューターから読み出す情報など。アウトプット。⇔入力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅつりょく【出力】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅつりょく【出力】
スル
原動機・ポンプなど、機械や装置が入力を受けて、外部へ仕事として出すことのできる仕事の量。 -五〇キロワット
機器・装置が入力を受けて仕事をし、外部に結果を出すこと。また、その結果。コンピューターが入力データを処理して、処理結果を出すなど。アウトプット。 ⇔ 入力 検索結果を-する 英和対訳電気用語集(1908年)に output の訳語として載る。漢籍では本来力を出す・努力するの意

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

出力
しゅつりょく
output
自然科学とくに工学分野でシステムから出てくるものすべてをいい、アウトプットともいう。電気工学においては、回路または装置から送り出される電圧、電流、電力のほか、たとえばラジオから出てくる音のように、機器から送り出されるものを出力という。コンピュータに代表される情報工学の分野では、(1)データ処理の結果、出てくるデータあるいは情報、(2)コンピュータから外部の装置へ送り出されるデータ、(3)コンピュータのモニターの表示(画面出力)やプリンターからの印刷物(印刷出力)などをいう。[布施 正・吉澤昌純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅつ‐りょく【出力】
〘名〙
① 入力を受けた機械・機構が、それによって働いて、仕事として外部へ出すことのできる能力。発電機、発動機、増幅器などではワット・馬力で表わす。
※経済実相報告書(1947)二「水力電気の渇水による出力減少と」
② 入力を受けた機械、機構が、それによって働いて外部に放出する結果。たとえば、データとプログラムを受けたコンピュータが放出する計算結果など。アウトプット。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation