@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出勤【しゅっきん】

ナビゲート ビジネス基本用語集

出勤
仕事をするために勤務先に出ること。または出ていること。休日に仕事以外の目的で会社に来ても出勤にはならず、労働日でも会社に到着しただけでは出勤にはならない。 本来は、業務を開始した時点で出勤とみなされる。しかし実際には、始業時刻よりかなり早く出てくることを義務づけられ、かつ始業時刻前に業務を始めても、勤務した時間(早出の時間外)として取り扱われていない場合も多い。そのため、出勤時刻というときには始業や実際の業務開始とイコールではなく、それらより前の、勤務先に到着した時刻や到着すべき時刻をさして用いられているケースが多い。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅっ‐きん【出勤】
[名](スル)勤めにでること。勤務先へでかけること。「毎朝九時に出勤する」「休日出勤」⇔退勤

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっ‐きん【出勤】
〘名〙
① 勤めに出ること。また、勤めていること。
※虎寛本狂言・武悪(室町末‐近世初)「明日は出勤をもするかと思うて居れば日に増し不奉公が度重て」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「其娼妓といふのは恰ど一月前に、出勤(シュッキン)をしたばかりで、殊に地方者(いなかもの)だといふ話ヨ」
② 芝居に出演すること。
※歌舞妓事始(1762)凡例「又古は苗氏なく名のみにて出勤(シュッキン)の役者あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出勤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出勤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation