@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出口王仁三郎【でぐちわにさぶろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出口王仁三郎
でぐちわにさぶろう
[生]明治4(1871).7.12. 京都
[没]1948.1.19. 京都
大本教教団確立者。正しくは,おにさぶろう。本名は上田喜三郎。稲荷行者であったが,大本教開祖出口なお女婿となり,教団と教理の確立に努め,なおの死後みずから教主となった。 1921年不敬罪として弾圧され,出獄後昭和神聖会を確立し国家改造運動を興し,35年再び検挙された。第2次世界大戦後,大本愛善苑を興したが,まもなく死去。著書『霊界物語』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でぐち‐おにさぶろう〔‐オニサブラウ〕【出口王仁三郎】
[1871~1948]宗教家。大本(おおもと)教の確立者。京都の生まれ。名は「わにさぶろう」とも。本名、上田喜三郎教祖出口ナオの女婿。昭和10年(1935)不敬罪などで投獄され、大本教は結社禁止となったが、第二次大戦後再建。著「霊界物語」など多数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

出口王仁三郎 でぐち-おにさぶろう
1871-1948 明治-昭和時代の宗教家。
明治4年7月12日生まれ。32年出口なおを開祖とする大本(おおもと)入信翌年なおの5女すみ子と結婚。教義を体系化し,教団を発展にみちびく。不敬罪などで2度検挙されたが,海外進出もはかるなど新興宗教経営の基礎をつくった。昭和23年1月19日死去。78歳。京都出身。旧姓は上田。初名は喜三郎。名は「わにさぶろう」ともよむ。著作に「霊界物語」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

出口王仁三郎 でぐち-わにさぶろう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

でぐちおにさぶろう【出口王仁三郎】
1871‐1948(明治4‐昭和23)
宗教家。大本教を発展に導いた教義の体系者であり教団の組織者。京都府亀岡市穴太の小作農の長男に生まれた。旧名上田喜三郎。12歳で村の小学校の代用教員をつとめ,小作仕事,牧夫,車引き,牛乳販売などを経験。1898年けんかで負傷したことがきっかけで,村はずれの山にこもり,修行の体験をした。神秘体験を重ねて病気治しの布教活動をはじめ,稲荷講社で霊学や神がかりの行法を学んだ。同年出口なおと出会い,翌99年なおを教主とする大本教へ入り,宗教組織金明霊学会をつくり,会長となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でぐちおにさぶろう【出口王仁三郎】
1871~1948 名はわにさぶろうとも 宗教家。本名、上田喜三郎。出口ナオの女婿となり、ナオを教祖として大本教を組織。弾圧を受け、不敬罪などで投獄されたが第二次大戦後無罪となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

出口王仁三郎
でぐちおにさぶろう
(1871―1948)
宗教家。大本(おおもと)教聖師。前名上田喜三郎(うえだきさぶろう)。京都府南桑田(みなみくわだ)郡穴太(あなお)村(現、亀岡(かめおか)市)の貧農に生まれる。1898年(明治31)争い事で負傷したのを機に近郊の霊山高熊山に籠(こも)って修行したのち、霊力による病気治しを始め、静岡県清水(しみず)の稲荷(いなり)講社で霊学と行法を学んで、村に皇道霊学(こうどうれいがく)会をつくった。1900年(明治33)京都府綾部(あやべ)に移り、大本教の出口ナオの五女すみ(1883―1952)と結婚して出口家に入ったが、ナオはじめ従来の幹部と衝突し、京都で神職、御嶽(おんたけ)教役員などを務めた。1908年、衰えていた大本教の教勢を再建するため綾部に戻って大日本修斎会をつくり、1916年(大正5)皇道大本と改称し、第一次世界大戦中から戦後に全国的に教勢を伸ばした。1921年、不敬罪・新聞紙法違反で第一次弾圧を受けて検挙されたが、これを機に教典『霊界物語』の述作を開始し、霊主体従、万教同根を説いて、ナオの復古的・農本的な世の立て替え立て直しの教義を観念化した。1924年保釈中ひそかに内モンゴルに赴き、翌1925年、平和と国際親善を唱えて人類愛善会を設立した。昭和初期、恐慌からファシズム台頭の時期に農村の救済と政治革新を主張し、1934年(昭和9)昭和神聖会を結成して政治運動に乗り出した。翌1935年、不敬罪・治安維持法違反で第二次弾圧を受け、6年余の獄中生活を送った。第二次世界大戦後、1946年(昭和21)愛善苑(えん)として教団を再建し苑主となった。桁(けた)はずれの言動で逸話に富み、和歌・書画・陶芸などの多くの作品を残した。著作は『出口王仁三郎著作集』に収められている。[村上重良]
『『出口王仁三郎著作集』全5巻(1972~1973・読売新聞社) ▽村上重良著『評伝 出口王仁三郎』(1978・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でぐち‐おにさぶろう【出口王仁三郎】
宗教家。「わにさぶろう」ともいう。旧名上田喜三郎。京都府出身。出口ナオの女婿となり、ナオを立てて、新宗教教団大本教を組織。ナオの死後みずから教主となり「救世主」と称した。昭和一〇年(一九三五)、不敬罪、治安維持法違反に問われて投獄された。第二次世界大戦後、愛善苑を興したが病死。明治四~昭和二三年(一八七一‐一九四八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

出口王仁三郎
でぐちおにさぶろう
1871〜1948
明治〜昭和期の宗教家
京都の生まれ。出口なおの女婿となり,大本教の確立に尽力。なおの死後,教主となる。1921年と'35年に不敬罪の嫌疑で2度の弾圧をうけた。'46年愛善苑として教団を再建。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出口王仁三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出口王仁三郎の関連情報

関連キーワード

廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手おもなお雇い外国人日本科学史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation