@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出物【デモノ】

デジタル大辞泉

で‐もの【出物】
売りに出されている中古品や不動産など。「良い出物がある」
吹き出物。おでき。
おなら。屁(へ)。
客に出す料理。また、芝居茶屋が客席の見物客に出す茶菓・弁当。
芝居などのだしもの。
「今宵よばれしお客の好み、―さらうて一心に」〈人・梅児誉美・後〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だし‐もの【出物】
〘名〙
① 芝居や演芸の興行などで、上演する作品。演目。
※落語・掛取(1896)〈四代目橘家円喬〉「出し物に差支へて来ると能く陰陽の御噂を致します」
② ある役者が主役をして、芸の真価を発揮できるような作品。
③ 能で、扮装(ふんそう)して舞台に登場する役柄。また、その登場人物。
④ いかにも実際にありそうなつくりごと。作り話。うそ話。
※洒落本・虚実柳巷方言(1794)中「出(ダ)し物(モノ)、ありありとありさうなことをいいて座をもつ事也」
⑤ だしに使われる者。手段・方便として利用される者。
※洒落本・辰巳婦言(1798)四つ明の部「いやさどふいふ訳合でおれを出し者にする」
⑥ 外部に出しておくもの。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑦ (出す物の意から) 食事。
(イ) 吉原や岡場所の娼家で出すお定まりの飲食物。
※洒落本・寸南破良意(1775)髪結「と出し物を持て二かいへ行、さあ、お上りなさへ」
(ロ) 料理。酒のさかな。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「給事の婢が不慣れなので〈略〉出し物も後れる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐もの【出物】
〘名〙
① 吹出物。おでき。しゅもつ。〔いろは字(1559)〕
※咄本・百物語(1659)下「ひぜんがさも出物なればうつる」
② 屁。おなら。
※浮世草子・好色一代男(1682)五「今爰へ尻が出物(デモノ)
③ 演劇・音楽・舞踊などの演目。だしもの。
※滑稽本・狂言田舎操(1811)上「初日の出物(デモノ)は何だの 出物とは狂言のこと」
④ 客に出す料理。また、芝居茶屋から見物席へ出す料理。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「奥より巴屋新八出物を持て出て来り」
⑤ とりたてて売りに出されたもの。いつも売られるものではなく、たまに売り出される中古品や、不動産、特売の品、思わぬ買得品など。
※落語・出世の鼻(1892)〈禽語楼小さん〉「間口七間といふのだから古(ふる)で然(そ)んな出物(デモノ)がない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation