@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出現【シュツゲン】

デジタル大辞泉

しゅつ‐げん【出現】
[名](スル)
あらわれでること。隠れていたものや見えなかったものなどが、姿をあらわすこと。「救世主が出現する」「新技術の出現
天体が、他の天体による食(しょく)または掩蔽(えんぺい)状態から、再び見えてくること。出離

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅつげん【出現】
スル
いままでなかったものや見えなかったものが形をとって現れること。 新兵器の- 大型新人が-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅつ‐げん【出現】
〘名〙
① 現われ出ること。姿を現わすこと。現出
文華秀麗集(818)中・和菅清公傷忠法師〈嵯峨天皇〉「不知何世界、出現救蒼生
古今著聞集(1254)二〇「一丈あまりばかりなるの耳をひたる、時々出現して人をなやましけり」 〔捜神記‐巻一四〕
天文学で、他の天体におおわれて見えなかった天体が、再び見えてくること。太陽や月などの天体が地平線上に出ること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出現」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出現の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation