@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出生率【シュッショウリツ】

デジタル大辞泉

しゅっしょう‐りつ〔シユツシヤウ‐〕【出生率】
一定期間の出生数の、人口に対する割合。一般に、人口1000人当たりの、1年間の出生児数の割合をいう。日本では毎年10月1日現在の人口を基準とする。死産を含む場合は出産率という。しゅっせいりつ。→合計特殊出生率

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅっせい‐りつ【出生率】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

出生率
 一定の期間における一定の人口についての出生の割合.代表的なものに1年に人口1000人あたりの出生数がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅっせいりつ【出生率 birth rate】
〈しゅっしょうりつ〉ともいう。人口population(P)1000人に対する出生数births(B)の割合をいい,粗出生率crude birth rateなどとも呼ばれる。これを数式で示すと(B/P)×1000となり,Pは年央人口(本来は7月1日,日本では国勢調査の行われる10月1日の人口)を用いる。しかし,現実には,分母のP性別,年齢別に関係なく妊娠可能な人々によってだけ構成されているわけではないので,いいかえれば,人口中の妊娠可能な年齢の婦人の割合(未婚既婚を含む)によって,この率は変動するばかりでなく,〈妊娠可能な年齢〉を具体的に何歳から何歳までとするのかについても必ずしも確定できないなどの理由から,2国間の比較などを行うときには注意を要する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゅっしょうりつ【出生率】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

出生率
しゅっしょうりつ

人口1000人に対する1年間の出生数の比率のことで、普通出生率ともいう。パーミル(‰)で表示する。一つの人口集団が子供を産む力を出生力といい、出生率は出生力を測定する指標である。2015年(平成27)の日本の普通出生率は8.0‰である。

 1年間の出生数を母親の年齢別に分類し、年齢別女子人口1000人に対する出生数の比率を計算したものが年齢別出生率である。分母にとる女子人口を有配偶人口に限定して年齢別出生率を計算したものが有配偶出生率である。また15~49歳までの年齢別出生率を合計したものが合計特殊出生率(合計出生率)である。合計特殊出生率は、1人の女性が一生の間に何人の子供を産むかの指数であり、少子化問題に関連して引用されることが多い。2015年の合計特殊出生率は1.45であるが、それは1000人の女子人口が、15~49歳までの2015年の年齢別出生率で子供を産んだと仮定すれば、合計で1450人の子供を産むことを示している。2.07が自然増と自然減の境目とされている。そして合計特殊出生率は、通常、女子人口1人当りの子供数で示される。1.45人の子供は男児と女児の合計であって、女児だけの年齢別女児出生率の合計を総再生産率という。2015年の総再生産率は0.71になる。女子人口1人について0.71人しか女児を産まないとすれば、親の世代から子の世代に移るときの人口が減少することになる。さらに、産まれてから死亡する子供数を差し引いた純再生産率は0.70(2015)である。

 日本の合計特殊出生率は、1925年(大正14)には5.11で、その後しだいに低下しつつあったが、第二次世界大戦後の第一次ベビーブーム期の1947年(昭和22)には4.54に上昇した。その後は漸減し、1966年の丙午(ひのえうま)の年に一時的に1.58に下がったものの、1971~1974年の第二次ベビーブーム期には2.16まで上昇した。しかし以降は低下が続き、1975年に1.91と、2.00を下回ってから下がり続け、1989年の数値では1966年丙午の1.58をさらに下回る1.57となり「1.57ショック」として注目され、少子化への関心が高まった。1999年には1.34となり、2000年に1.36と盛り返したものの2001年にはふたたび1.33に低下した。

[岡崎陽一 2017年4月18日]

その後の動き

その後は2005年に1.26まで落ち込んだあと、2006年には1.32とわずかながら回復し、その後しばらくの間ゆるやかな上昇傾向を示しており、2015年には1.45となっている。

 出生率も同様に、2005年を底として2006~2013年までは上昇傾向を示していたが、その後は減少が予測されている。厚生労働省の人口動態統計によると、2015年の出生数は100万5656人、また2016年の出生数は98万1000人と推計されている。100万人割れは1947年(昭和22)の統計開始以来初めてのことである。こうした年次推移の背景として、2006年からの上昇傾向は、第二次ベビーブーム期の1971~1974年生まれの「団塊ジュニア」世代が出産の時期を迎えていたが、2014年にはこの世代の出産が減ったことが影響している。また、女性が第1子を産む平均年齢は30.7歳となり、出産の高齢化に歯止めがかからない。高齢初産の比率が高まれば、第2子以降の出産が減ることが容易に想像され、将来的な出生率はさらに低下する可能性が高い。

[編集部 2017年4月18日]

『岡崎陽一著『人口統計学』増補改訂版(1999・古今書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっしょう‐りつ シュッシャウ‥【出生率】
〘名〙 出生の割合。一定期間、特に一年間における平均人口一〇〇〇人当たり、出産時に生きて生まれた児数の割合。
※続珍太郎日記(1921)〈佐々木邦〉六「出生率(シュッシャウリツ)は国運のバロメーターだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出生率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出生率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation