@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出発【シュッパツ】

デジタル大辞泉

しゅっ‐ぱつ【出発】
[名](スル)
目的地に向かって出かけること。出立(しゅったつ)。「朝五時に山小屋を出発する」
物事を始めること。また、その始まり。「新会社として出発する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

出発
1967年製作のベルギー映画。原題《Le Départ》。監督:イエジー・スコリモフスキ出演ジャン=ピエール・レオ、カトリーヌ・イザベル・デュポール、ジャクリーヌ・ビルほか。第17回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出発
東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1970年9月~1971年1月放映(全75回)。出演:渡辺文雄、高森和子、岸久美子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅっぱつ【出発】
スル
目的地へ向かって出かけること。出立しゆつたつ次の訪問地へ向かって-する タビジニ-スル/ヘボン 三版
物事の始まり。 新家庭の-を祝う 明治初期につくられた語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅっ‐ぱつ【出発】
〘名〙
① 目的地に向かって出かけること。かどで。出立(しゅったつ)。〔布令字弁(1868‐72)〕
※寧馨児(1894)〈石橋思案〉一一「余が英国を出発(シュッパツ)する時」
② 物事を始めること。また、その始め。
※アパアトの女たちと僕と(1928)〈龍胆寺雄〉九「僕はプロレタリヤ運動って云ふのは、プロレタリヤの不満から出発したので、その解放を叫んで居るんだと思ってたんだけれどね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出発」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出発の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation