@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出端【では】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出端
では
日本音楽,演劇舞踊の用語。役者または踊り手の登場の際の音楽,または楽曲の部分およびその舞踊をいう。種目によって内容が異なる。 (1) 能では,神仏鬼畜精霊などの後ジテおよびそのツレの登場の囃子。大小鼓,笛に太鼓が入る。太鼓の一声 (いっせい) ともいう。 (2) 歌舞伎または舞踊における人物の登場のこと,およびその伴奏音楽またはそのところにあたる楽曲の構成部分。花道で演じられることが多い。歌曲を用いる場合,その歌を出歌ともいう。下座 (げざ) としては,主役の登場に打つ囃子をいい,能にならって太鼓の一声ともいう。ただし,その1段目を出端のと称して太鼓地にも利用。また,せり出しの合方の三味線と合奏した登場音楽として用いるが,その場合は能から離れてチリカラ拍子となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

で‐は【出端】
《「でば」とも》外へ出るきっかけ。
「跳ね返されて、―を失って、ごうと吼(ほ)えている」〈漱石・坑夫〉
《「でば」とも》外出する手段。交通の便。
「わざわざこんな―の悪い処へ引込んで」〈荷風腕くらべ
で、神・鬼・精・霊などの後ジテツレが登場するときに用いる囃子(はやし)
歌舞伎で、主役などの登場。また、その際の所作や下座音楽
舞踊的な芸能で、登場するとき、また、退場するときの舞踊・音楽など。出羽。⇔入端(いりは)
《「でば」とも》ちょうど出るおり。出しな。出ばな。
「あれあれ、いま月の―ぢゃ」〈和泉流狂・吹取り〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐はな【出端】
《「でばな」とも》
(「出鼻」とも書く)出ようとしたとたん。また、出たとたん。「出端に門前でばったり会う」
(「出鼻」とも書く)物事のやりはじめ。また、やりはじめの勢いの盛んな時期。「事業の出端からつまずく」
出花(でばな)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

では【出端】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

では【出端】
立ち出るおり。出しな。出ばな。
出る便宜。出るきっかけ。 -を失う -のない行き留りに立つ位なら/彼岸過迄 漱石
古典芸能一般で、人物の登場のこと。また、その際に奏される音楽。 ⇔ 入端
能楽で、神仏・鬼畜などの後ジテが登場するときの囃子。
歌舞伎で、登場して花道の七三しちさんで演ずるやや長い演技。また、そのときに奏する下座。
民俗舞踊で、踊り手の登場の際の舞踊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いで‐は【出端】
〘名〙 出るべき時期。では。〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐は【出端】
〘名〙
① 出かけるとたん。出ばな。出ぎわ。出しな。
※俳諧・崑山集(1651)五「一せいははやしのてはか郭公(ほととぎす)〈定房〉」
② (「でば」とも) 出るてがかり、きっかけ。出るのによいおり、また場所。
※歌舞伎・芽出柳緑翠松前(1883)大詰「夜廻りをなす中間共に見咎められて出端(デハ)を失ひ」
③ (「でば」とも) 出るための便。地の利。
※都会(1908)〈生田葵山〉不安「万世橋際がいい。何処へ往くにも出端(デハ)がいいから」
④ 能で、後シテ、または後ツレが登場する際に奏する囃子(はやし)。大鼓・小鼓・笛と太鼓で演奏する。神(「高砂」「春日龍神」など)・鬼(「殺生石」など)・精(「老松」など)・霊(「融(とおる)」「砧」など)等の登場に広く用いるが、人間・化身の登場には用いない。
※申楽談儀(1430)能の色どり「後のではの、はしがかり、さしごゑ、一せいよりうつる所は、わきのしてのもの也」
⑤ 歌舞伎で、主役の登場。また、その際の舞踊。あるいは、伴奏の囃子や浄瑠璃。
※評判記・役者評判蚰蜒(1674)今村久米之助「ことさらはしがかりの出はなどの、あっぱれ見事さ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐ばな【出端】
〘名〙 (「ではな」とも。「はな」は物事の初めの意)
① (「出鼻」とも書く) 出たばかりの時。出はじめ。出ぎわ。また、出はじめの勢いの盛んなころ。はじめのすぐれてよいところ。
※三体詩幻雲抄(1527)「水はてはなであたらしく生(さん)なぞ」
※浄瑠璃・心中二枚絵草紙(1706頃)下「色茶屋の色の出花の里ぞとは」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)四「此宿の出端(デバナ)より、あとになりさきになり行、三人づれの旅人」
③ (「出花」とも書く) 番茶・煎茶(せんちゃ)で、湯を注いだばかりの、かおりのよいころあい。
※俳諧・俳諧勧進牒(1691)上「木がらしや夜半過たる茶の出はな〈里東〉」
④ (「出花」とも書く) 茶。もと、花柳界の語で芸者や娼婦の売れないことを「お茶をひく」ということから、茶を忌んでいったもの。
⑤ 出たさき、店先、店頭など。
※咄本・気のくすり(1779)くら替「廛(みせ)の出ばなに行て見れば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出端」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出端の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation