@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出藍の誉【しゅつらんのほまれ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

出藍の誉
しゅつらんのほまれ

青色の染料は藍(あい)を原料としてとるが、もとの藍よりも濃い色になるところから、教えを受けた人が教えた人よりも優れることをいう。弟子が師匠よりもぬきんでることのたとえで、「青は藍より出(い)でて藍より青し」ともいい、「氷は水より出でて水より寒し」というも同意である。『荀子(じゅんし)』「勧学篇(へん)」に、「学を以(もっ)て已(や)むべからず。青は藍より出でて藍より青し。氷は水これをなして水よりも寒し」とある。

[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅつらん【出藍】 の 誉(ほまれ)
弟子が師よりもすぐれているという評判、名声。
※法窓夜話(1916)〈穂積陳重〉六八「ブラックストーンの陳腐説を打破して英国の法理学を一新し、出藍の誉を後世に残したベンサムは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出藍の誉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出藍の誉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation