@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出血性大腸炎【シュッケツセイダイチョウエン】

デジタル大辞泉

しゅっけつせい‐だいちょうえん〔‐ダイチヤウエン〕【出血性大腸炎】
ベロ毒素を出す腸管出血性大腸菌に感染することで起こる大腸炎。汚染された食物経口摂取することで感染し、下痢・激しい腹痛血便などの症状がみられる。溶血性尿毒症症候群などの重篤な合併症を併発してに至ることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

出血性大腸炎
 大腸炎症出血をともなうもの.発熱はなく,腹痛,出血性の下痢などを起こす.大腸菌原因とされる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出血性大腸炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出血性大腸炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation