@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出語り【でがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

出語り
でがたり
浄瑠璃用語。人形浄瑠璃または歌舞伎で,太夫三味線 (ゆか) で観客に姿を見せて語る形式。古浄瑠璃時代は語り手幕の内 (人形遣い後方) で語ったが,元禄 (1688~1704) 頃から,道行景事などの段に,人形の出遣い,太夫,三味線の出語りが行。当時は人形と同一舞台上で行なった。近代以後の人形浄瑠璃では,各段の切場はもとより,御簾内 (みすうち。舞台に向って右上方) で語るべき端場まで,出語りすることが多くなった。歌舞伎では,常磐津清元が演奏するところを山台と呼び,義太夫狂言竹本 (→ちょぼ ) に限って床という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

で‐がたり【出語り】
人形浄瑠璃歌舞伎で、浄瑠璃太夫と三味線弾きとが舞台上に設けられた席に出て、観客に姿を見せて語ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でがたり【出語り】
浄瑠璃用語。浄瑠璃の太夫と三味線が見物に姿を見せて演奏すること。初期の人形浄瑠璃では太夫と三味線はの陰で語っていたが,1705年(宝永2)大坂竹本座の《用明天王職人鑑》から出語り出遣いが始まったといわれる。現在の文楽では,ごく短い端場を除いて出語りが主となっており,演奏者は舞台上手(右)にしつらえた床(ゆか)に座し,肩衣を着用する。出語りでない場合は床の上部の御簾(みす)の陰で語るので〈御簾内(みすうち)〉と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でがたり【出語り】
歌舞伎で、浄瑠璃太夫と三味線弾きが舞台に設けられた席に出、見物人に姿を見せて演奏すること。義太夫節は御簾内みすうちで語る場合もあるが、常磐津節・富本節・清元節は出語りが原則。 ⇔ 御簾内

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出語り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出語りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation