@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

出離【シュツリ】

デジタル大辞泉

しゅつ‐り【出離】
仏語。迷いを離れて解脱境地に達すること。仏門に入ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅつ‐り【出離】
〘名〙 仏語。迷いの境地を離れること。迷いを脱するために仏門にはいること。
※本朝文粋(1060頃)一四・宇多院為河原左大臣没後修諷誦文〈紀在昌〉「豈図出離無媒、永溺苦海之浪
※平家(13C前)一〇「それについて出離のみちまちまちなりと雖も」 〔観経疏‐散善義〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐はなれ【出離】
※虎明本狂言・空腕(室町末‐近世初)「是ははや、いかう日がくれたが、此たうじのではなれがむつかしい所じゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐はな・れる【出離】
〘自ラ下一〙 ではな・る 〘自ラ下二〙 出てそこを離れる。出はずれて遠ざかる。
※虎明本狂言・磁石(室町末‐近世初)「みのの、たるひのまちを出はなれたれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出離」の用語解説はコトバンクが提供しています。

出離の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation