@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

函谷関【かんこくかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

函谷関
かんこくかん
Han-gu-guan; Han-ku-kuan
中国,河南省北西部にある関門。戦国時代に東方防衛のため設けたもので,この地は要害堅固として名高い。前武帝のとき,東方約 150kmのところに新を造ったので前者故関という。鶏鳴とともに開門し,日没に閉門する規則であったという。この関を華北関東関西に分けられた。孟嘗君 (もうしょうくん) が秦から脱出したときの鶏鳴狗盗 (けいめいくとう) の故事で有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんこく‐かん〔‐クワン〕【函谷関】
中国河南省北西部、黄河南岸の山中にある交通の要地。関所が設けられ、秦代には霊宝付近にあったものが、漢代に移された。長安洛陽とを結ぶ道に位置し、多くの攻防戦の舞台となった。ハンクーコワン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんこくかん【函谷関 Hán gǔ guān】
中国,河南省の北西部にある交通の要地。古関と新関の二つの関所がおかれた。古関は霊宝県の南西2kmのところに位置する。東西およそ8kmにわたって黄土層の深い谷がつづき,両岸は切り立ち,樹木陽光をさえぎって昼なお暗く,ちょうど函(はこ)の中を進むのに似ているところから,この名がつけられた。長安(現,西安市)を中心とする関中と,洛陽を中心とする中原を結ぶ交通の要地に当たっており,秦の国では古くからここに関所をもうけて東方の守りとしていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんこくかん【函谷関】
中国、河南省西部にあった関所。長安・洛陽間の要衝。もと現在の霊宝県にあったが、漢の武帝の時、東方の新安県に移した。
[句項目] 函谷関の鶏鳴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

かんこくかん【函谷関】
中国の山西省と河南省の境界にある、三門峡(サンメンシア)の北15kmの峡谷。「天下第一関」や「秦函谷関」とも呼ばれ、春秋戦国時代に創建された中国で最も古い関所で、望気台や太初台、鶏鳴台などが残されている。◇『史記』中の故事にある「鶏鳴狗盗」(士人らしからぬ、いやしい才能のあるもの)では、函谷関での孟嘗君の活躍が記されている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

函谷関
かんこくかん
中国、河南(かなん/ホーナン)省西部、黄河(こうが/ホワンホー)の南岸に位置する交通、軍事上の要地。初め戦国時代に秦(しん)が霊宝(れいほう)県の南方に函谷関を設けたが、前漢の武帝により、東に150キロメートルほど離れた新安県の東方に移された(前114)。秦王政(始皇帝)が、楚(そ)、趙(ちょう)、魏(ぎ)、韓(かん)、衛の5か国の兵士からなる大軍を退けたのは、霊宝県の古関であり、6世紀、長安に都した北周が、東方の(ぎょう)に都した北斉(ほくせい)に対峙(たいじ)するために前線基地を設けたのは、新安県の新関である。なお古来中国では、華北を関東と関西(関中)という二つの地域に区分することがあるが、その際の関とは、この函谷関のことであり、また名称は、山間の谷沿いに陽光がほとんど差し込まない狭い道が続いていて、まるで函(はこ)の中を行くようだったことに由来するという。[關尾史郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんこく‐かん ‥クヮン【函谷関】
中国の華北平原から渭水盆地に入る要衝にある関。黄土層の絶壁に囲まれた谷に築かれ、昼なお暗く函(はこ)の中を進むようであったことから名づけられた。秦が東方の守りとして河南省北西部、現在の霊宝県の地に築いた古関と、前漢が河南省新安県の地に築いた新関(現在の函谷関)とがある。函谷。函関。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

函谷関
かんこくかん
中国河南省西部,長安を中心とする関中と洛陽を中心とする中原 (ちゆうげん) とを結ぶ,黄河沿岸の交通の要衝
関は秦代に初めて置かれ,孟嘗君 (もうしようくん) の故事で名高い。古代中国ではこの関を境に,中国北部を関東と関西に分けた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

函谷関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

函谷関の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation