@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

刀子【とうす】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

刀子
とうす
奈良,平安時代初期頃の小刀 (こがたな) 。武器のほか日常生活に用いた。弥生時代から鉄製子が使用されているが,古墳時代になると,金銅製の (つか) , (さや) とともに,直弧文を彫刻した鹿角製の柄をもつものも出現した。鞘には木製のほか獣皮の袋状のものもあったことが,滑石製模造品の刀子からうかがわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐す〔タウ‐〕【刀子】
《「す(子)」は唐音》小形の刀。古代から雑用に用いられ、しだいに装飾化されていった。後世小刀(こがたな)。とうし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐し〔タウ‐〕【刀子】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

刀子
 長さ30cm以下の小さな刀のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうす【刀子】
現在の用語でいえば〈こがたな〉であり,〈ナイフ〉である。《日本書紀》垂仁紀には〈刀子〉とも〈小刀〉とも混用しているのを,どちらも〈かたな〉と読んでいる。大刀(たち)にたいして小刀(かたな)と書いたもので,古くは〈こがたな〉とは読まなかった。刀に子の字を添えて刀子と書くのは,名詞造語法の一種で,奈良時代には碁子きし),合子,厨子(ずし),鎮子提子(ちようし)などの用例がある。 刀子は武器としての刀剣とは別に,つねに携帯して,食事にも,雑用にも用いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうし【刀子】
とうす刀子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうす【刀子】
短刀。小さめな刀。とうし。
考古学・美術史などで、小刀をいう語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

刀子
とうす
「こがたな」のこと。武器としてより日常の雑用に用いられた。青銅製品は柄(つか)も同鋳され、文様を鋳出したり、柄頭(つかがしら)を環状にしたものや獣頭の形を飾るものなどがある。中国ではすでに殷(いん)代から青銅製刀子がみられるが、日本では鉄製刀子が一般的で、弥生(やよい)時代からみられ、古墳時代に多い。弥生時代には鹿角(ろっかく)製の柄をつけた刀子が出土しているが、古墳時代には木製の柄のほか、鹿角製で直弧文(ちょっこもん)を飾ったものがある。鞘(さや)も獣皮で袋をつくったもの、木鞘を革で覆ったものなどがあり、腰につり下げたとみられ、その形が石製模造品の刀子にうかがわれる。また例は少ないが、金銅(こんどう)や銀の薄板で鞘をつくった華麗な刀子が後期古墳から出土している。正倉院宝物の刀子(奈良時代)には、犀角(さいかく)や染牙(せんげ)、黒柿(くろがき)、紫檀(したん)などの柄をもち、これらのほか金銀、紫檀などの鞘を用いた装飾的な刀子がみられ、一段と豪華さを増し、三合刀子や十合刀子など多くの刀子を一つの鞘にまとめたものもある。[村井雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐す タウ‥【刀子】
〘名〙
① こがたな。小刀。短刀。とうし。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「唐刀子一口」
② 特に、考古学で小刀をいう。古墳時代に武器のほか、日常用具として使用された。鞘部は木・獣皮製、柄部は木製のほか、鹿角などが用いられ、金銅装のものもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐し タウ‥【刀子】
〘名〙 =とうす(刀子)①〔晉書‐荀羨伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刀子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刀子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation