@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分光計【ブンコウケイ】

デジタル大辞泉

ぶんこう‐けい〔ブンクワウ‐〕【分光計】
角度目盛りをもち、スペクトル線の波長を読み取ることができる分光器スペクトロメーター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんこうけい【分光計 spectrometer】
一般に分光器と称されているものの一つと考えてよいが,とくに波長の読取りに重点が置かれているのが分光計であるといえる。スリットとそれに入射した光を平行光束にするための光学素子からなるコリメーター,入射平行光束を集光させて観測するための望遠鏡,分散素子を置く回転台からなり,図のように配置されたものが基本となっている。回転台は大きな角度目盛円板の中央にあり,望遠鏡はその中心軸を望みながら円板のまわりに自由に移動できその回転角を読むことができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぶんこう‐けい ブンクヮウ‥【分光計】
〘名〙 角度目盛を持っている分光器。光の入口、出口両方の望遠鏡を固定したままで、プリズムを回転して、あるスペクトル線が得られたとき、その波長をプリズム回転台についている角度目盛から読み取れるようにした器械。スペクトロメーター。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分光計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分光計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation