@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分割記入【ぶんかつきにゅう】

図書館情報学用語辞典

分割記入
『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説では,「分割記入様式」を“記述の対象となる単行資料やセットものを,形態的に独立した部分ごとに記述する記載様式”と定義しており,この記載様式に従い作成された目録記入.一括記入対語.記述の対象となる書誌的に一つのまとまりをなす資料が物理的に複数の単位からなる場合,書誌的な一まとまり全体に対してではなく,個々の形態的に独立した部分ごとに作成する目録記入,すなわち物理単位を本体として作成される目録記入.記入と記述対象の物理的な単位が一対一で対応していることは資料管理上の便宜が大きい.また,一まとまりとなるべき記述対象中に未刊の部分があるときや,それらが同時に目録作成機関において入手されなかった場合,完結の不確定な未完記入となるのを避けることができる.一方,書誌的事項がほとんど同じで,巻次の表示だけが異なる記入が並ぶと検索に不便を来たすことがある,あるいは図書以外の資料種別では適用が困難となる場合が多数存在するなどの側面もある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分割記入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分割記入の関連情報

関連キーワード

国営企業等労働組合協議会アルモドバル島田修二井上光晴ウォーホル国鉄労働組合ゴダール(Jean-Luc Godard)鈴木了二高松伸竹下登内閣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation