@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分娩予定日の計算法【ぶんべんよていびのけいさんほう】

家庭医学館

ぶんべんよていびのけいさんほう【分娩予定日の計算法】
◎予定日とは
 分娩は、統計学的に、最終月経(げっけい)の第1日に280日を加えた日におこる確率が高いということで、この280日目を分娩予定日としています。
 多くの赤ちゃんが、この前後に生まれてきますので、予定日の前3週間とあと2週間を、正期産(せいきさん)といいます。
 分娩予定日を知るには、分娩予定日早見表(表「分娩予定日早見表」)を利用すると便利です。
 また、簡易計算法としては、ネーゲレの概算法(がいさんほう)があります。これは、最終月経の第1日目から280日目を計算する方法で、最終月経のあった月の数に9を加え(13以上になる場合は、3を引く)、日数に7を加えます。
 たとえば、最終月経開始日が2月10日の場合、2月プラス9、10日プラス7で、分娩予定日は11月17日になります。また、最終月経開始日が8月25日の場合は、8月マイナス3、25日プラス7となり、分娩予定日は5月32日=6月1日です。
 ただし、大の月、小の月があるので、ぴったり280日目とはかぎりません。
 最終月経から計算する方法は、あくまでも月経周期が規則正しく、28日周期の人で、14日目に排卵があることが大前提となります。
 月経不順の人、または出産後や流産後に月経をみないうちに妊娠した人の場合は、ほかの産科学的な理由に基づいて計算します。
●超音波断層法
 妊娠初期(胎児の心拍動の認められる8週~11週)に、胎児の大きさから妊娠週数を推定し、予定日を算出します。
●基礎体温表を利用する方法
 基礎体温を測定している人は、低温相(ていおんそう)の最終日を排卵日(はいらんび)(受精日(じゅせいび))として、その日に266日(38週)を加えるか、排卵日の14日前を最終月経第1日として、分娩予定日を算出します。
●その他の方法
 つわりの時期や、胎動を初めて感じる時期から推定する方法もありますが、個人差が大きいのであまり確実な方法とはいえません。
◎妊娠週数の数え方
 妊娠の持続周期は、最終月経の第1日を0日として起算し、「満の日数、または週数」で表わします。つまり妊娠1か月は、満0週~満3週の28日間ということになります(表「妊娠期間の数え方」)。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

分娩予定日の計算法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分娩予定日の計算法の関連情報

他サービスで検索

「分娩予定日の計算法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation