@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分子化合物【ぶんしかごうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分子化合物
ぶんしかごうぶつ
molecular compound
広義には高次化合物に同じ。すなわち単独でも安定に存在することのできる分子の間でさらに結合を生じて形成される化合物。たとえば水素結合によって生じるギ酸やフッ化水素の二量体,配位結合による錯化合物,複塩,結晶水を含む化合物などがある。狭義には電子供与体と電子受容体の結合によって生じる電荷移動錯体 (分子錯体) のこと。電子供与体としては芳香族化合物,二重結合をもつ不飽和化合物,非共有電子対をもつアルコールや窒素を含む有機化合物などがあり,電子受容体としてはハロゲン分子,ヨードホルムやクロロホルムのような有機ハロゲン化物などがある。電子供与体と電子受容体から分子化合物を生じる結合力の原因は R.S.マリケンの理論によれば,両者の間に働く弱い分子間力と,電子供与体から電子受容体への電子の移動 (電荷移動) によって生じる共有結合と,さらに電子移動の結果,相対的に電子供与体に電子不足を生じて正電荷を,電子受容体に電子過剰を生じて負電荷をもつことにより形成される一種イオン結合の3種の結合力によると説明される。たとえばヨウ素は元来赤紫色であるが,そのベンゼン溶液が褐色を示すのはヨウ素とベンゼンの間で分子化合物 (電荷移動錯体) を生じるためである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんしかごうぶつ【分子化合物 molecular compound】
異なる分子が一定の分子数比で付加して生じる化合物で,分子間化合物ともいう。多くの場合に成分分子とは異なる性質を示す。広い意味では,CaCl2・4CH3OH,C6H5CH3・SbCl3や種々のクラスレート化合物なども含めるが,最も重要なのは電荷移動錯体と称される一群の化合物で,普通に分子化合物という場合はこの一群を指す。古くから知られている例はキンヒドロン(p‐ベンゾキノンとハイドロキノンの1:1の化合物)やナフタレン,アントラセンなど多環式芳香族化合物とピクリン酸の間に生じるピクレートなどである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

分子化合物
ぶんしかごうぶつ
molecular compound

古典的化学結合論によってはそれぞれ単独に分子として考えられる2種以上の化合物あるいは単体が一定の組成比で複合し、一つの化合物となるものの総称。化学結合論の発展にしたがってそれらの分子間の相互作用、結合様式が明らかになるにつれて、水和物を含む溶媒和物、錯体、分子錯体、電荷移動錯体、包接化合物などに分類されるようになった。狭義の分子化合物は分子間化合物intermolecular compoundともよばれるが、分子間にはファン・デル・ワールス力あるいは水素結合力などが作用していることが多い。導電性有機化合物や機能性材料として、特殊な性質をもつ分子を組み合わせた分子化合物の設計合成も行われている。

[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんし‐かごうぶつ ‥クヮガフブツ【分子化合物】
〘名〙 安定して存在し得る分子どうしが、電荷移動、水素結合、水和、溶媒和などにより結合した化合物。付加加合物の一種。両成分間の結合が比較的弱く、容易にもとの成分に解離する場合にいうことが多い。例えば硫酸銅の青色の結晶は硫酸銅(CuSO4)と水(H2O)から成る分子化合物である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

分子化合物
ブンシカゴウブツ
molecular compound

単独で安定に存在しうる分子A,Bが互いに結合してできる化合物のうちで,比較的簡単にもとの成分に解離できるものをいう.A・BまたはA・nBのような組成をもち,AとBとが同一化合物の場合もある.付加化合物の一種であるが,不飽和結合に対する付加反応による生成物や,アンモニウム塩,そのほかの安定なオニウム化合物は分子化合物とはよばない.例としては,電荷移動力による電荷移動錯体,水素結合によるフッ化水素の二量体デオキシコール酸と種々の有機化合物が結合してできたコレイン酸,また塩類の水和物,溶媒和物などがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんし‐かごうぶつ〔‐クワガフブツ〕【分子化合物】
2種以上の分子がそれぞれの組成を変えずに結合した化合物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分子化合物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分子化合物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation