@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分子線【ぶんしせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分子線
ぶんしせん
molecular beam
中性分子の線束。気体や蒸気を狭い穴から高真空中へ噴出させ,さらにスリットにより方向と太さをそろえてつくる。原子線をも含めて分子線ということもある。線束中の分子が互いに離れているために,単独の分子について研究できる利点がある。磁気共鳴吸収による分子の磁気モーメントの測定,2つの分子線の交差による分子間の衝突断面積の測定,表面物性の研究,電波分光学への利用など広く用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんし‐せん【分子線】
中性分子からなる粒子線。同一方向に細い線状で進行する多数の中性分子の流れのこと。原子線は単原子の分子線とみなせる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんしせん【分子線 molecular beam】
電荷をもたない中性分子からできた粒子の流れ。高真空中に気体分子を吹き出させ,狭いスリットを何回か通過させてほぼ平行にしたもの。原子線atomic beamは単原子の分子線に相当する。原子線や分子線を利用した研究としては,磁場による銀の原子線分岐を観測し,電子のスピン導入の糸口となったシュテルン=ゲルラハの実験(1921)がよく知られているが,この方法はその後,分子や原子の微細なエネルギー構造を研究する磁気共鳴法へと発展した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんしせん【分子線】
電荷をもたない中性分子の粒子線。多くのスリットを通過させることで同一方向に進む分子線が得られ、シャッターの遮断・開放によって制御することが可能。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

分子線
ぶんしせん
molecular beam
細い線束となって真空中を直進する中性分子の流れ。分子ビームともいう。構成粒子が単体原子の場合には原子線とよばれる。分子線は、真空中に置かれた気体容器にあけた小さな孔(あな)や細い管状の開口部から気体を噴出させ、いくつかのスリット(すきま)やノズルを通過させることでつくられる。分子線の特性は、気体分子が互いに衝突するまでの距離(平均自由行程)と開口部の大きさとの大小関係によって決まる。開口部の大きさに比べて平均自由行程が大きな気体からつくられる分子線を「もれ出し分子線」とよぶ。もれ出し分子線では、気体分子が開口部を通過するときに分子間衝突がおこらないため、分子線の内部状態温度(振動・回転温度)や速度分布は容器内の気体と同じである。一方、開口部の大きさに比べて平均自由行程が小さな高圧力の気体を噴出させた場合、速度や方向のそろった強度の大きい超音速自由噴流が生じる。この流れの一部を円錐(えんすい)形のような特殊形状のノズルを用いて真空中に取り出したものが「超音速分子線」である。超音速分子線では、気体分子が開口部を通過するときにおこる多数回の分子間衝突によって分子の速度がそろうため、速度分布は狭くなる。また、真空中への断熱膨張により分子の内部エネルギーの一部が並進運動エネルギーに変換されるため、分子の内部状態温度が冷却される。
 分子線の歴史は、1911年にフランスの物理学者デュノワイエLouis Dunoyer(1880―1963)によって行われたナトリウム原子線による気体の直進性の証明実験から始まった。1921年、O・シュテルンらは銀原子線を不均一な磁場に通す実験を行い、磁気モーメントの方向量子化(角運動量や磁気モーメントの一成分が、とびとびの値をとること)を発見した(シュテルン‐ゲルラハの実験)。その後1938年、I・I・ラービによって分子線磁気共鳴法が開発され、分子磁気モーメントの精密測定が可能となった。1954年には、分子線を利用したアンモニアメーザー(マイクロ波のレーザー)がC・H・タウンズらによって実現され、レーザーの基礎が築かれた。また、分子線の技術は化学反応の基礎過程を研究する分子線どうしの交差衝突実験にも応用され、成功を収めた。Y・T・リーはこの方法の開発と一連の化学反応素過程の動力学的研究の成果により、D・R・ハーシュバック、J・C・ポランニーとともに1986年のノーベル化学賞を受賞した。
 分子線の利用は多岐にわたっている。基礎研究の分野では、原子・分子の衝突実験、分子分光、表面物性の研究に用いられ、目的に応じた分子線技術が開発されている。たとえば、強電場を用いた分子線の減速技術を利用して摂氏マイナス270度以下の分子線がつくられ、低温での化学反応の研究や分子の精密分光研究に応用されている。一方、産業分野では、強度や方向を精密に制御した分子線が半導体の結晶成長法(分子線エピタキシー法)に利用されている。分子線エピタキシー法を用いると、複数の分子線を切り替えて組成の異なる半導体結晶を積層させることができるため、半導体レーザーや発光ダイオードの製造に広く応用されている。[岡田邦宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

分子線
ブンシセン
molecular beam

[別用語参照]原子線

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分子線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分子線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation