@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分封【ぶんぽう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分封
ぶんぽう
swarming
ミツバチが新しいを形成すること。巣分れ。春に女王が産んだから,初夏の頃新女王が生れてくると,旧女王は分行動を起す。旧女王は約半数の職蜂 (働きばち) を連れて巣を出て,女王を中心にして固まり合った蜂球をつくり,木のなどで休止したのち,新しい巣づくりを始める。新女王が2匹以上生れてきたときにも分封が起る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶん‐ぽう【分封】
[名](スル)
領地を分け与えて支配させること。また、その領地。「家臣に所領を分封する」
越冬したミツバチ女王バチが、初夏のころ、新女王バチに巣を譲って働きバチの一部とともに他に移り、新しい巣を作ること。巣分かれ。分。分蜂(ぶんぽう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんぽう【分封 swarming】
ミツバチの巣分かれのこと。他の動物の場合における個体増殖を意味するが,1匹ずつ分かれるのではなく,女王バチを中心として群のまま分かれる。春の流みつ期の中・後期になると,巣の中はみつと花粉とミツバチであふれるようになる。すると働きバチたちは,巣の中に数個の王台(女王バチになるべき幼虫育成する房)を構築し,若い女王バチを育成し始める。本来ならば女王バチの育成は1匹で足りるはずであるが,群の勢いが強いほど,たくさんの王台が準備されるようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

分封
ぶんぽう

昆虫類のミツバチにみられる巣分れのことをいい、「分蜂(ぶんぽう)」とも書く。ミツバチの巣内の個体が過剰になると、女王の出す抑制物質が行き渡らなくなり、王台が形成され、新しい女王が誕生する。その前後に、前からの女王は巣内の約半数の働きバチとともに巣を出る。これが分封である。巣を離れたハチは近くの木の枝などに女王を中心とした集団、蜂球(ほうきゅう)をつくるが、好適な営巣場所を探しに出た斥候のハチが蜂球に戻って、みつけた場所の距離と方向を指示するダンスをし、やがて移動がおこる。巣に残った新しい女王は雄とともに結婚飛行を行い、交尾後巣に戻る。ときに、さらに新しい女王が同じ時期に生まれるが、この場合、第二の分封が未婚のこの女王と働きバチによっておこる。

[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐ぽう【分封】
〘名〙
① 封地を分け与えること。王者が諸侯に領地を与えて支配させること。また、その分け与えられた領地。
※公議所日誌‐一二・明治二年(1869)五月「諸侯の封土は、三十万石に限り、其余地は子弟に分封すべき事」
② 春から夏に、ミツバチの女王バチが新女王に巣をゆずりわたし、働きバチの一部とともに他に移って、新しい巣をつくること。分房。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分封」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分封の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation