@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分岐点【ぶんきてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分岐点
ぶんきてん
branch point
曲線が2つに枝分れする点のことをいう。また,yx2 の逆関数 x=±√y を考えようとするとき,y=0 のところで +√y と -√y に枝分れするので,これを分岐点という。この議論は複素変数の関数論で考えたほうが適切で,その場合はリーマン面を考えることになるが,その2つのに枝分れするという意味で,y=0 が分岐点になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんき‐てん【分岐点】
道路・線路などが二つ以上の方向に分かれる地点。「鉄道の分岐点
物事がどうなるかの分かれ目。「人生の分岐点に立つ」
[補説]書名別項。→分岐点

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんきてん【分岐点】[書名]
原題、〈ギリシャStrofi》ギリシャの詩人・外交官、セフェリスの処女詩集。1931年発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんき‐てん【分岐点】
〘名〙 物事の分かれる所。わかれめ。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉五「生死二途の分岐点に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分岐点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分岐点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation