@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分散能【ぶんさんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分散能
ぶんさんのう
dispersive power
光学ガラスなどの光学材質が光を分散する能力を表わす量。ある材質でつくったプリズムフラウンホーファー線 F (486.1nm) ,C (656.3nm) ,D (589.3nm) に対する偏角ΔFΔCΔD とするとき

ω=(ΔFΔC)/ΔD=(nFnC)/(nD1)

を平均分散能と定義する。おのおのの n は屈折率を意味する。日本ではD線の代りにd (587.6nm) を用いている。ドイツやフランスではF,C,D線の代りに F' (480.0nm) ,C' (643.8nm) ,e (546.1nm) が用いられ,これが将来国際標準になる可能性がある。また屈折率の小さな差 δn に対する偏角の小さな差 δΔ をその間の平均の偏角 Δ で割った値 ω=δΔ/Δ=δn/(n1) を部分分散能という。分散能の逆数 1/ω をアッベ数という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんさん‐のう【分散能】
光学ガラスなどの透明な物質がもつ、光の分散しやすさを表す量。アッベ数の逆数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんさんのう【分散能】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

分散能
ブンサンノウ
dispersive power

透明な物質が光を分散する能力を示す量.光の波長による屈折率の違いを分散というが,正常分散の範囲内では波長が短くなると屈折率は増す.その物質のF線(水素の Hβ 線,486.1 nm),C線(Hα 線,656.3 nm),およびナトリウムのD線(589.3 nm)に対する屈折率をそれぞれ nFnCとするとき,分散能ωは,

と定義する.これは相対分散能ともよばれる.ωの逆数がアッベ数になる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分散能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分散能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation