@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分解蒸留【ぶんかいじょうりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分解蒸留
ぶんかいじょうりゅう
cracking; cracking distillation
クラッキング。石油工業の石油精製工程で用いられる単位操作沸点の高い重質留分を高温高圧下で分解するか,ケイ酸アルミナなどの触媒を用いて接触熱分解して軽質石油 (おもに分解ガソリンを 50%程度の収率で) を製造することである。触媒と高圧水素を用いて行う水素化分解法や,ナフサからエチレンプロピレンを製造するために行うナフサ分解も,クラッキングといわれることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんかいじょうりゅう【分解蒸留】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

分解蒸留
ぶんかいじょうりゅう
pressure distilation

高温・加圧下で行う熱分解法(クラッキングの一種)による石油精製法。生成するガソリン留分のオクタン価が低いので、ガソリン製造のためには現在ではほとんど行われない。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんかい‐じょうりゅう ‥ジョウリウ【分解蒸留】
〘名〙 熱分解で分解ガソリンなどをつくる操作。普通の蒸留より高い温度、高い圧力を用い原料油を分解しながら蒸留する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分解蒸留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分解蒸留の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation