@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分身【ぶんしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分身
ぶんしん
double; Doppelgänger
自身の姿が外界に見える幻覚。自己像幻視 autoscopyともいう。等身大あるいは縮小形で現れ,短時間で消えるが,実在感は確実に残るという。哲学・心理学者 K.ヤスパースは,これを意識の病態としてとらえた。精神病などの症状として現れるほか,ゲーテ『詩と真実』,ドストエフスキー『分身』などにみられるように,文豪の作品にも自己体験として描かれている。二重人格は女性に多く,分身は男性に多く起る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶん‐しん【分身】
《古くは「ふんじん」とも》
一つの本体が二つ以上に分かれること。また、その分かれて生じた身。「息子に自分の分身を見出す」
仏・菩薩(ぼさつ)が人々を救うために、仮の姿でこの世に現れること。また、その姿。観音の三十三身など。化身

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

分身
東野圭吾の長編サスペンス小説。1993年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんしん【分身】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんしん【分身】
スル
古くはふんじんとも
一つの身体や、一つのものが、二つ以上に分かれること。また、その分かれ出たもの。 主人公は作者の-だ 我国の神仏は…幾柱にも-して/当世書生気質 逍遥
仏や菩薩が衆生しゆじようを教化するために慈悲によって種々の姿をとって出現すること。また、その姿。化身。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐しん【分身】
〘名〙 (古くは「ふんじん」とも)
① 仏語。仏菩薩が衆生を救済するために身を分かち、仮の姿をとってこの世に現われること。また、その現われたもの。化身。権化(ごんげ)
※勝鬘経義疏(611)序「何知如来分身。或是法雲大士」 〔景徳伝燈録‐二七〕
② 一つの身体やものが二つ以上に分かれること。また、その分かれた身体やもの。
※太平記(14C後)一〇「十方に分身して、万卒に同く相当りければ」 〔蘇軾‐次韻黄魯直書伯時画王摩詰詩〕
③ ②から転じて、子を生むこと。また、その子。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二七「辛苦を忍んで分身(ブンシン)の日を待たんには」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation