@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分配【ぶんぱい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

分配
ぶんぱい
distribution
国民の経済活動の一分野で,一定期間中に新たに生み出された生産物の価値の各生産要素もしくは生産主体間の配分をいう。一般に資本,労働を生産要素というが,これらの各要素が組合されて生産が行われ,生み出された新たな価値はこれらの生産要素に対する報酬,すなわち利潤賃金などとして配分される。分配は生産,消費とともに国民の経済生活を構成する重要な一分野であり,一国全体での分配の大きさ,生産,支出の大きさは互いに等しく,国民所得の三面等価といわれている。また資本主義社会においては資本と労働との分け前が常に問題とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶん‐ぱい【分配】
[名](スル)
分けて配ること。配分。「利益を全員に分配する」
地主地代資本家に利潤、労働者に賃金というように、生産に関与した者の間に所得が分けられること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんぱい【分配】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんぱい【分配】
スル
いくつかに分けて配ること。配分。 もうけを-する -金
生産物あるいはそれを販売して得た代金を、生産要素の提供者の間で分けること。地主は地代、資本家は利潤、労働者は賃金という形をとる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

分配
ぶんぱい
distribution
所得や富が、さまざまな生産要素を提供する経済主体の間に分けられること。どのように分配されるかについては、大きく分けて二つの分析視角がある。[大塚勇一郎]

個人間分配

これは所得・富の稼得・保有を個人のレベルでとらえようとするものである。具体的には所得(富)を階層ごとに分け、各階層にどれだけの割合の人々(家計)が入っているかを明らかにし、そこから、たとえばある国のある時点における所得の分配が、他の国、あるいは他の時点に比較して、より平等であるかどうか、あるいはそのような分配が効率的であるかどうかを明らかにしようとする。現在、このような個人間分配の理論的研究は、不平等度を測定する尺度の開発や規範的研究と一体となって推し進められている。[大塚勇一郎]

機能的分配

これは分配を資本、労働、土地といった、いわゆる生産要素としての機能面からとらえようとするもので、代表的な理論としては、新古典派(新古典学派)の理論とネオ・ケンブリッジ(ポスト・ケインズ)派の理論とがある。
 新古典派理論は、価格の資源配分機能を重視する。たとえば、任意の財(サービス)について、もしも需要が供給を超過すれば、その財の価格は上昇し、逆の場合には価格は下落する。そうすることによって需要と供給の間のギャップは解消されることになる。すなわち、財の価格はその財の相対的な希少性によって決定される。すべての財について同時に需要と供給の一致が満たされるように価格体系が決定される。いうまでもなく、生産要素の価格も、この一般均衡体系の一環として求められる。そして各生産要素の所得は、それぞれの要素の価格と、供給され需要される数量の積であるから、結局、このような一般均衡体系として同時に決定されるわけである。
 新古典派理論は限界生産力説と結合されて展開されることがしばしばあり、とくに1950年代から1960年代にかけて華々しく展開された巨視的新古典派成長理論においてそうであった。限界生産力説は、各生産要素の限界生産力がそれぞれの要素の実質価格に等しいこと、たとえば資本の限界生産力が利潤率に、労働の限界生産力が賃金率に等しいこと、を主張するものであって、この関係は生産要素に対する需要を規定することになる。こうして出てくる需要と、他方の供給との相対的関係で要素価格の決定が行われるのである。
 いずれにしろ新古典派理論にあっては、資源、したがって生産要素も完全に利用され雇用されるものと想定されている。
 これに対してネオ・ケンブリッジ派の理論では、完全雇用は前提とされない。そして企業家の行う投資、あるいは資本蓄積に大きな重要性が付与される。投資や資本蓄積は企業家の「アニマル・スピリッツ」、簡単にいえば企業家の将来に対する予想に左右される。このような蓄積率が完全雇用をもたらす大きさ、すなわち自然成長率に等しくなる保証はなにもない。新古典派理論においては、資本蓄積率は完全雇用を実現するよう調整され、それ以外の大きさをとることはないのであるが、ネオ・ケンブリッジ派の理論では、資本蓄積率はいわば外生的要因によって決まってくるものであって、たとえ「均衡」においても、それは自然成長率と一致しない。一致するとすれば、それは偶然の産物ということになる。両者の一致する状態をJ・ロビンソンは黄金時代とよんだが、それは、その「神話的性格」を強調するためである。このような枠組みのなかで所得の分配も明らかにされる。利潤率と賃金率は背反的関係にある。そして資本蓄積率が高ければ高いほど生産物価格が高くなって、より高い利潤率、したがってより低い賃金率が得られる。こうして分配が規定されてくるのである。[大塚勇一郎]
『J・ロビンソン著、山田克巳訳『経済成長論』(1963・東洋経済新報社) ▽青木昌彦著『分配理論』(1979・筑摩書房) ▽橘木俊詔著『日本の経済格差』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐ぱい【分配】
〘名〙
① 分けてくばること。配分。
※令義解(718)賦役「凡丁匠赴役者。皆具造薄。丁匠未到前三日。預送薄太政官分配」
※湯ケ原より(1902)〈国木田独歩〉「土産物は女中や娘に分配(ブンパイ)してしまった」 〔後漢書‐光武紀〕
② 義務や作業を分担すること。あるいは、役を割り当てること。また、割り当てられた役や、その役の人。当番。
※続日本紀‐天平宝字六年(762)三月甲辰「保良宮諸殿及屋垣、分配諸国、一時就功」
③ 経済学で、土地所有者には地代、資本家には利子および利潤、労働者には賃金というように、生産活動に参加した個々人に生産物の価値額が帰属・所得される過程。〔英和外交商業字彙(1900)〕
④ =ぶんぷ(分布)⑤〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分配」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分配の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation