@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

分量【ブンリョウ】

デジタル大辞泉

ぶん‐りょう〔‐リヤウ〕【分量】
[名](スル)
物の重量・容積・数量・割合などの、多い少ないの程度。量。「仕事の分量を減らす」「目分量
長さ・重さなどをはかること。
「粉薬を―している小生意気な薬局生」〈啄木・鳥影〉
身のほど。身分の程度。分際(ぶんざい)。
「身の―を知ったるゆゑ」〈浄・博多小女郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐りょう ‥リャウ【分量】
〘名〙
① 目方。重さ。かさ。また、多い少ないの程度。量。〔文明本節用集(室町中)〕
※足利本論語抄(16C)郷党第十「酒を飲ほど分量はなけれども」 〔宋史‐高皇后伝〕
② (━する) 長さ、重さなどをはかること。
※古活字本荘子抄(1620頃)一「此から此までいかほどと分量してもつをさかひと云」
③ 身のほど。身分の程度。分際。
※菅家文草(900頃)九・為藤大納言請減職封半状「還恐朝家以臣為分量矣」
④ 物事の質的な程度。その物事が持っている価値。
※正法眼蔵(1231‐53)現成公案「人のさとりを罣礙せざること、滴露の天月を罣礙せざるがごとし。ふかきことはたかき分量なるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

分量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation