@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

切れ痔【キレジ】

デジタル大辞泉

きれ‐じ〔‐ヂ〕【切れ×痔/裂れ×痔】
肛門(こうもん)の粘膜が、硬い便の排出時などに切れる病気。排便時に激痛があり、ただれ・出血などもみられる。肛門裂創裂肛裂け痔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

切れ痔
きれじ
肛門裂創(こうもんれっそう)または裂肛ともいう。硬い糞便(ふんべん)の排出などで肛門の後壁にできることが多いが、感染症で側壁にできることもある。症状は、急性期には肛門管上皮の単なる亀裂(きれつ)で軽い排便痛と新鮮微出血程度であるが、裂肛を繰り返して慢性化すれば、創(きず)は深さを増し、創縁が肥厚して肛門潰瘍(かいよう)とよばれる状態になる。同時に皮膚側には見張りいぼとよばれる皮垂(皮膚突起)を生じ、肛門側では肛門乳頭が肥厚して肛門ポリープとよばれる状態になる。肛門乳頭とは、直腸粘膜下端部と肛門皮膚の接合部(歯状線)に一致して肛門柱の下端部が突起として認められるものをいう。これら肛門潰瘍、見張りいぼ、肥厚乳頭の三者をあわせて裂肛三徴という。この状態になると、排便時の出血、疼痛(とうつう)だけにとどまらず、排便後も引き続く強い肛門痛が数時間に及ぶこともある。強い痛みは肛門内括約筋のれん縮によるといわれ、鎮痛剤や便通調整剤、局所麻酔剤注射などで治らなければ、手術が必要となる。かつては肛門用手拡張術や潰瘍部分の切除がおもに行われたが、近年、凍結療法や肛門内括約筋側方切断術が普及しつつある。[竹馬 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切れ痔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

切れ痔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation