@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

切歯【せっし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

切歯
せっし
incisor
ともいう。上下顎の中央正面に,左右2本ずつ,計8本ある歯をいう。食物を噛み切る働きをする。また発音にも関係する。中央で左右接しているのが中切歯,その次が側切歯で,上顎では中切歯が側切歯より大きく,下顎では逆に中切歯が小さい。歯根はいずれも単根である。萌出期は下顎中切歯が生後6~7年,上顎中切歯,下顎側切歯が7~8年,上顎側切歯8~9年である。なお,上顎側切歯は退化の傾向にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっ‐し【切歯】
[名](スル)
歯をくいしばること。歯ぎしりすること。はがみ。
きわめて無念に思うこと。
「生首(いきくび)を引抜んものと―して」〈染崎延房・近世紀聞〉
門歯。ヒトの場合にいう。前歯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっし【切歯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せっ‐し【切歯】
〘名〙
① 歯と歯とをきしり合わせること。歯をくいしばること。はぎしり。はがみ。転じて、きわめて無念に思うこと。また、ひどく憤慨すること。→切歯扼腕
※史記抄(1477)一四「将軍に勢があれば、天子の切歯(〈注〉はヲクイシハル)して、ああ心ちあしやと思わるるものぢゃほどに、いやと云ぞ」 〔戦国策‐燕策・王喜〕
② 門歯をいう。
※育児読本(1931)〈田村均〉一〇「初め前歯(切歯(セッシ)又は門歯)から生へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切歯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

切歯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation