@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

初祖【ショソ】

デジタル大辞泉

しょ‐そ【初祖】
家系・宗派・流派などの初代

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐そ【初祖】
[1] 〘名〙 家系・血統の初代。流派の初代。
※興禅護国論(1198)上「大宋高僧伝云、有顕・密・心三教、顕教摩騰為初祖、密教金剛智為初祖、心教達磨為初祖」 〔蘇軾‐寄劉孝叔詩〕
[2]
[一] 禅宗で、開祖達磨(だるま)大師のこと。
※詩聖堂詩集‐二編(1828)九・偶成「少林初祖笛無孔、栗里先生琴没絃」
[二] 肩衝(かたつき)茶入。小堀遠州の選んだ中興名物の一つ。堀正意(杏庵)作。同じ作者の同型の茶入のうち、最もすぐれているところからいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初祖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初祖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation