@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

初荷【ハツニ】

デジタル大辞泉

はつ‐に【初荷】
正月の商い初めの商品を、問屋や商店などが、美しく飾った車や馬で取引先に送り出すこと。また、その荷。もと、2日に行われた。 新年》「痩馬(やせうま)を飾り立てたる―かな/子規
季節ものの商品の、最初出荷。また、その

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はつに【初荷】
商家の仕事始め。正月2日に行われる儀礼的な初商いで,江戸時代からはじまった。新調したはっぴや手拭を着用し,卸商人は小売店へ,小売商人は有力な得意先へそれぞれ商品を送り込むのであるが,祝歌を歌ったりしてにぎやかに行われ,祝酒なども用意された。この日,野菜の初出荷をする農家もあった。車には初荷ののぼりが立てられるが,かつて馬を用いていたころには,馬を美しい鞍やで飾りたて,華やかな気分を盛りあげた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

初荷
はつに

正月2日、商家の仕事始めの儀礼。またそのとき積み出す商品。農・山・漁村や各家の仕事始めを見習ったもので、問屋や小売店が商品を荷車に載せて飾りたて、にぎやかにはやしながら得意先に届けるものであった。幟(のぼり)に「初荷」と書いて荷物に立てたりした。大八車、馬車、馬の背で運ぶこともあった。現在は流通機構の変化に伴い、八百屋(やおや)の店先に白菜を積み上げて初荷としたり、年初の配達のときトラックに初荷の旗を立てるなどの例はあるが、実質的には消滅した。

[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はつ‐に【初荷】
〘名〙
① 正月の商いはじめの日に、問屋または商店より車馬に商品を積んで飾りたてて初出荷すること。また、その商品。《季・新年》
※俳諧・続猿蓑(1698)上「初荷とる馬子もこのみの羽織きて〈馬莧〉 内はどさつく晩のふるまひ〈里圃〉」
② その季節に初めて出荷すること。また、その商品。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

初荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation