@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

判官【じょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

判官
じょう
令制官職四等官のうち第3位の官。役所内の事務の統制った。太政官では少納言がこれにあたり,神祇官,八省では,寮ではでは,諸国司はと書いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう【判官】
律令制で、四等官(しとうかん)の第三位。庁内の取り締まり、主典(さかん)の作る文案の審査、宿直の割り当てなどをつかさどった。「丞」「掾」など官司により用字が異なる。→四等官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐がん〔‐グワン〕【判官】
ほうがん(判官)
裁判官
「朋友は、今は―になって地方に行て居るが」〈独歩武蔵野

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐がん〔ハウグワン〕【判官】
《「はんがん」の音変化》
四等官の第三等官。特に、衛府尉(じょう)であって検非違使(けびいし)を兼ねる者。→判官(じょう)
《検非違使の尉であったところから》源義経通称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう【判官】
じょう(判官)」に同じ。
「右近の―なる人の」〈・藤裏葉〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょう【判官】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はんかん【判官】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょう【判官】
〘名〙
① 律令官制の四等官の第三番目。次官(すけ)の下、主典(さかん)の上位。その所属する官司の職員を糺判し、主典の作成した文案を検査して署名し、公事および文書の稽留失錯の罪を勾勘し、宿直の順番を定めることなどをつかさどる。官司によって表記を異にする。
※令義解(718)職員「内蔵寮 頭一人。助一人。允一人。大属一人。少属一人」
② 明治二年(一八六九)七月に制定された官制の第三等官。官司によって字を異にし、大少の別がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう【判官】
〘名〙 令制の四等官の一つ。長官(かみ)・次官(すけ)の下位、主典(さかん)の上位。→判官(じょう)
※催馬楽(7C後‐8C)挿櫛「たけくの曾宇(ゾウ)の 朝に取り 夜(よう)さり取り 取りしかば」
※古今(905‐914)雑下・九三八・詞書「文屋の康秀が三河のそうになりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐がん ‥グヮン【判官】
[1] 〘名〙
① 中国の官名。唐代、節度使、観察使などの属僚。元・明には各府州に置かれたもの。日本では検非違使の第三等官、尉(じょう)の別称。ほうがん。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔通典‐職官典・州郡上・都督〕
② 裁判官。〔広益熟字典(1874)〕
③ 得意になっているしろうとの浄瑠璃語り。
※浮世草子・当世芝居気質(1777)一「元より素人の判官(ハングヮン)なり」
④ もと、上方の遊郭でたいこもちをいう。
※随筆・羇旅漫録(1802)下「大坂妓院の方言〈略〉廓の牽頭(タイコモチ)を判官といふ。略してぐゎんとばかりもいふ」
⑤ =ほうがん(判官)③〔浪花聞書(1819頃)〕
[2] 源義経の俗称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐がん ハウグヮン【判官】
[1] 〘名〙
① 令制の四等官(しとうかん)制で、第三等官の総称。また、巡察使など若干の官司の第三等官。次官(すけ)の下、主典(さかん)の上。じょう。
※続日本紀‐文武三年(699)一〇月辛丑「判官四人、主典二人」
② 特に、衛門の尉(まれに、近衛の将監・兵衛の尉)であって検非違使を兼ねるもの。検非違使の尉。そのうち、さらに六位の蔵人を兼ねるものを「上(うえ)の判官」という。
※能因本枕(10C終)五二「六位蔵人、うへのはうくゎんとうち言ひて、よになくきらきらしき物におぼえ」
③ 大坂の遊里で、大尽(だいじん)をいう。〔譬喩尽(1786)〕
[2] (検非違使の尉であったところから) 源義経をいう。
※謡曲・正尊(1541頃)「これは西塔の武蔵坊弁慶にて候、さてもわが君判官は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

判官
じょう
律令制下,四等官の第3位の官職。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

判官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

判官の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation