@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

判形【はんがた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

判形
はんがた
浮世絵版画の画面の形や大きさ。浮世絵版画は各種の和紙に摺るため,紙の大小によって画面の大きさが異なる。錦絵の場合は,奉書を利用したものが大部分紙面の大きさが一定し,大判 (奉書二つ切) ,間判 (あいばん。小奉書二つ切) ,中判 (奉書四つ切) ,幅広細判 (奉書三つ切) ,細判 (小奉書三つ切) ,柱絵判 (丈長の奉書四つ切) などに分類される。また2枚続き,3枚続き,5枚続きなど画面を拡大することも行われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐がた【判形/判型】
浮世絵版画の紙の大きさ。大判・間判(あいばん)・中判・細判・柱絵がある。
(判型)本や新聞などの大きさ。A5判・B6判など。はんけい。
[補説]主な判型2の寸法(単位はミリメートル)
規格JIS
A3判 297×420
A4判 210×297
A5判 148×210
A6判 105×148(=文庫判
B4判 257×364
B5判 182×257
B6判 128×182

規格外でよく使われるもの
新書判 113×176
四六判 130×188
菊判 151×220
A20取 148×168
B20取 182×206
AB判 210×257

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【判形】
書き判。また、印形(いんぎょう)。
「寄進状を書き、―を加へて」〈盛衰記・一九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんぎょう【判形】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はん‐ぎょう ‥ギャウ【判形】
〘名〙 書き判。また、印形(いんぎょう)
※松浦山代文書‐二・嘉禎四年(1238)一〇月三〇日・少弐氏分国守護所下文「又判形相違之由」
※源平盛衰記(14C前)一九「寄進状を書き、判形(ハンギャウ)を加へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

判形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

判形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation