@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

別れ【アカレ】

デジタル大辞泉

あかれ【別れ/散れ】
集まっていた人々が、あちこちにわかれ散ること。散会。
「弘徽殿(こきでん)の御―ならむ、と見給へつる」〈・花宴〉
所属するもの。分(ぶん)。
「桜萌黄(さくらもえぎ)などは、女院の御―」〈増鏡・老のなみ〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わかれ【別れ】
別れること。互いに離れて別々になること。別離。「友との別れを惜しむ」「別れの日を迎える」「別れの杯」
別離のあいさつ。いとまごい。「故郷に別れを告げる」「別れの言葉」
死に別れ。死別。「永(なが)の別れ
「世の中にさらぬ―のなくもがな千世もと祈る人の子のため」〈伊勢・八四〉
立ち去るにあたって、心付けとして与える金銭。
「―に七百くだんせ」〈滑・膝栗毛・五〉
[補説]書名別項。→別れ
[下接語]暁の別れ生き別れ・扇の別れ・更衣(きさらぎ)の別れ食い別れ喧嘩(けんか)別れ子別れ逆さ別れ四鳥(しちょう)の別れ死に別れ終(つい)の別れ永の別れ泣き別れ夫婦別れ物別れ行き別れ別れ別れ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わかれ【別れ】[書名]
原題、〈ドイツ〉Abschied》ドイツの詩人、ベッヒャーによる自伝小説。著者がソ連に亡命していた1940年に刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別れ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

別れの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation