@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

別府温泉【べっぷおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

別府温泉
べっぷおんせん
大分県中部,鶴見岳東麓の緩傾斜地の末端別府湾に面する別府市中心市街地内の温泉。泉質単純泉,単純炭酸泉,重炭酸土類泉,重曹泉,食塩泉と種類が多く,神経痛,皮膚病,胃腸病などにきく。泉温高温で湯量も豊富。江戸時代文化年間 (1804~18) にはすでに温泉宿経営を許可された 21戸の有力な旅館業者がおり,湯治場として発展していた。明治以後,温泉掘削が盛んになり,温泉町が拡大する一方,瀬戸内海航路も開通して,中国・関西方面からの入湯客が増加した。また,他県出身者の経営する旅館もふえた。 JR別府駅を中心に温泉街が広がる。駅前通りと流川通りにはさまれた地域が別府一の繁華街大小の旅館,土産品店,飲食店,デパートなどが林立する。北浜海岸は高級旅館が多い。別府タワー,楽天地など各種の観光施設がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

べっぷ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【別府温泉】
大分県別府市内の温泉群の総称。別府・浜脇・亀川・柴石(しばせき)・鉄輪(かんなわ)・明礬(みょうばん)・堀田(ほりた)・観海寺の八湯を別府八湯・鶴見八湯とよぶ。泉質は含鉄泉含アルミニウム泉硫黄泉などさまざま。海浜では砂湯が行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

別府温泉
(大分県別府市)
日本八景〔東京日日新聞・大阪毎日新聞〕指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別府温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

別府温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation