@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

別段預金【べつだんよきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

別段預金
べつだんよきん
special deposit
各種の取引から派生した未決済,未整理の保管金や預り金を,他の勘定科目で取扱うことが適当でないため,便宜的に設けられてある別段預金勘定に受入れられたもので,一般の預金とは異なる。雑預金とも呼ばれ,この預金に受入れられるものは種々雑多である。預金種目の一つであるが,金融機関が返還債務を負うものばかりではなく,実質的には仮受金と同様のものもあるが,何を別段預金で処理するかの明確な区別基準はない。また一定の約款に基づいて取扱われる預金ではなく,特約のないかぎり預け入れ期間の定めもない。日本銀行のガイドラインとしての預金金利細目にはこの預金の利率が示されてはいるが,実際には利息をつけないのが原則である。さらに一定様式の預金通帳や証書が発行されることもなく,必要に応じた預り証を交付して処理する。この預金で処理されるものには,委託事務に伴う受入金 (株式払込金,株式配当金,公社債元利金の支払資金,日本銀行歳入代理店・公金収納取扱店としての歳入金・公金,共同募金その他寄付金) ,一時保管金 (口座振込金の一時預り金,保護預り有価証券の償還元金・利札代り金,当座勘定解約残金など) ,未済債務整理金 (整理口に編入された普通預金,未払送金為替金,自己宛小切手資金) ,弁済・担保のための受入金 (荷為替手形割引の際の留保金,担保手形の取立代り金) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べっだんよきん【別段預金】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

べつだんよきん【別段預金】
銀行業務に付随して発生する未決済・未整理あるいは雑預り金など、一般預金に該当しない資金を一時的に保管する勘定科目。雑預金。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べつだん‐よきん【別段預金】
〘名〙 =とくべつよきん(特別預金)〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別段預金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

別段預金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation