@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

別火【ベッカ】

デジタル大辞泉

べっ‐か〔‐クワ〕【別火】
神職などが日常用いる火による穢(けが)れをんで、神事祭事に際して炊事の火を別にすること。また、服喪にある者などが穢れを他にうつさないように炊事の火を別にすること。べつび。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べつ‐び【別火】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べっか【別火】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

別火
べっか

食事炊飯のための火を別にすること、またその火、それをつかさどる職掌人のこと。古く火を清浄神聖視し、神に仕える者は穢(けが)れた火で炊飯されたものを避けたことに発する。神職・頭屋(とうや)が潔斎、斎戒中は家族と別火の食事をし、また出産時、月の障(さわ)りの婦人が同様別火の食事をする風習は広く行われてきた。また大社のなかに、その神聖な火をつかさどることを職掌とし、別火とよばれる職掌人また氏(うじ)の置かれている例がある。

[鎌田純一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べっ‐か ‥クヮ【別火】
〘名〙 神饌の料とするもの、また、神事を行なう者、服喪にある者などが、他や自身の穢(けが)れを忌んで、煮炊きする火を他の人と別にすること。また、月経や出産の穢れにある女が炊事や家屋を家族と別にすること。べつび。
※親元日記‐寛正六年(1465)四月一三日「御産別火已後始て火同」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べつ‐び【別火】
〘名〙
※歌舞伎・吾嬬下五十三駅(天日坊)(1854)序幕「唯今あれにて承はれば、別火(ベツビ)物忌に身を浄め手柄をなさんとお言やるが」
② 無縁仏などを葬る投げ込みのように共同でなく、ひとりずつ火葬にすること。
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)五幕返し「別火(ベツビ)の仏なら、近江屋のお使ひだね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別火」の用語解説はコトバンクが提供しています。

別火の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation