@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

別納【ベチノウ】

デジタル大辞泉

べち‐のう〔‐ナフ〕【別納】
寝殿造りで、母屋(おもや)から離れて建つ建物。物などを納め、住居ともした。
「―の方にぞ、曹司などして人住むべかめれど」〈夕顔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベつ‐のう〔‐ナフ〕【別納】
[名](スル)
ふつう一緒に納めるべきものを別に納めること。「郵便料金を別納する」
中世年貢を通常の手続きを取らずに直接、徴収また上納したこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べちのう【別納】
平安・鎌倉時代の社会経済上の用語。一般的には貢租別枠で納入することをいう。〈べつのう〉ともいう。律令制下においては納租穀の用語があり,国で租の一部をさいて穀とし,民部省に送って位禄季禄・衣服料等にあてたものであった。平安前期までの別納はこの種のものに限られる。平安後期から鎌倉期においては,開発その他の由緒によって特定領主庁宣や下文を与え,国衙使等の入部を止めるなどの特権を付与したことをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

べつのう【別納】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

べつのう【別納】
スル
料金や品物などを別に納めること。 料金-郵便
中世、年貢を通常の手続きを経ないで、直接領主に納付すること。
中世、特定の領主に下文などによって与えられた、国衙こくが使などの入部を拒否する特権。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べち‐のう ‥ナフ【別納】
〘名〙 (「べち」は「別」の呉音)
① 寝殿や対(つい)から離れて別に建てた家。物を納めるためのものであるが住居にも用いた。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「べちなうに渡し奉りつ」
② 「べちのうしょ(別納所)」の略。〔西宮記(969頃)〕
③ 別の時期、別の方法などで納めること。特に、中世、年貢を普通の手続とは別の手続で、徴収・上納したこと。また、その区域。べつのう。
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)七月一六日「於上野国黒河郷、止国衛使入部、可別納之由、賜御下文

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べつ‐のう ‥ナフ【別納】
〘名〙
① 別の方法で納めること。別に納めること。べちのう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別納」の用語解説はコトバンクが提供しています。

別納の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation