@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

利休鼠【りきゅうねずみ】

色名がわかる辞典

りきゅうねずみ【利休鼠】
色名の一つ。JISの色彩規格では「みの灰色」としている。一般に、茶人千利休(1522~1591年)が好んだと伝えられる緑みの鼠色。千利休は茶道を大成した人物として知られ、侘茶わびちゃを追求したとされる。鼠色が流行した江戸時代に登場した色名で、くすんだイメージがあり、緑みがかっているのが特徴。利休鼠という色名は北原白秋(1885~1942年)による「城ヶ島の雨」の歌詞に使われて時代を超え多くの人に知られるようになった。「雨はふるふる 城ヶ島のに 利休の 雨がふる」という歌いだしである。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

利休鼠
りきゅうねずみ
色名の一つ。利休色といわれる灰色がかった黄緑色に、鼠色が加わったもの。利休茶、利休柳などと同様に茶人の千利休(せんのりきゅう)にちなんでつけられた名。抹茶(まっちゃ)の緑色と侘(わ)び茶の雰囲気を連想していわれた利休色に、鼠色を強めてさびた味わいを表した色合いである。ただし、利休が愛用した色という意味ではない。なおまた、北原白秋作詞による『城ヶ島の雨』の「雨は降る降る城ヶ島の磯(いそ)に 利休ねずみの雨が降る」によっても、広く知られた。またほかに、徳冨蘆花(とくとみろか)の『黒潮』では「利休鼠のたて小波(さざなみ)の小紋縮緬(ちりめん)に更紗(さらさ)縮緬を襲(かさ)ねて」とある。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りきゅう‐ねずみ リキウ‥【利休鼠】
〘名〙 利休色の鼠色がかったもの。
※風俗画報‐四〇号(1892)服飾門「而て其色合は矢張利久鼠、小豆、茶、黒等は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りきゅう‐ねずみ〔リキウ‐〕【利休×鼠】
緑色を帯びたねずみ色。りきゅうねず。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利休鼠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

利休鼠の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation