@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

利根川【とねがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

利根川
とねがわ
関東地方を北西から南東に貫流する大河。別称坂東太郎全長 322km。流域面積は 1万6840km2で,日本最大。群馬県北部,三国山脈大水上山(1840m)にを発し,片品川吾妻川烏川鏑川神流川渡良瀬川鬼怒川などを関東平野中央部で合流し,中・下流域渡良瀬遊水地印旛沼霞ヶ浦湖沼を形成して千葉県北東端の銚子市太平洋に注ぐ。古くは東京湾に注いでいたが,江戸の防衛と新田開発を兼ねて,承応3(1654)年幕府が今日の流路に改変した。近世には江戸への物資運搬の大動脈をなし,沿岸に関宿佐原などの河港集落が発達した。明治以降は政府の直轄河川となり,最新の土木技術を導入,220kmに及ぶ洪水防止の堤防が 1928年完成した。1947年カスリン台風による洪水被害を契機に,1951年国土総合開発特定地域の指定を受け,上流に砂防,洪水調節,発電などの多目的ダムが建設された。1962年水資源開発公団(→水資源機構)の発足によって総合的な河水利用の調整が実施されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とね‐がわ〔‐がは〕【利根川】
群馬県北部の大水上山(おおみなかみやま)付近に源を発し、関東平野を貫流して千葉県銚子(ちょうし)で太平洋に注ぐ川。長さ322キロ。流域面積は1万6840平方キロメートルで日本最大。もと東京湾に注いでいたが、江戸初期に改修して鬼怒川(きぬがわ)下流に流路を変えた。坂東太郎(ばんどうたろう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とねがわ【利根川】
越後山脈の大水上(おおみなかみ)山付近に源をもち,関東平野を北西から南東へ斜めに横断し,銚子付近で太平洋に注ぐ川。幹川流路延長は322kmで日本では信濃川に次ぐ長さであるが,全流域面積は1万6840km2で日本最大であり,栗橋観測点での流量(1982)は年平均255m3/s,最大7940m3/s,最小58.1m3/sである。坂東太郎とも呼ばれ,筑後川(筑紫二郎),吉野川(四国三郎)とともに日本三大河という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とねがわ【利根川】
関東地方を北西から南東に流れる川。群馬県北部の丹後山付近に源を発し、関東平野を貫流して銚子市で太平洋に注ぐ。日本最大の流域面積をもつ。長さ322キロメートル。坂東太郎。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

利根川
とねがわ
群馬県と新潟県の境、三国(みくに)山脈中の大水上(おおみなかみ)山の東小沢に水源を発し、関東平野をほぼ南東流して千葉県銚子(ちょうし)で太平洋に注ぐ大河川。一級河川。延長322キロメートルで長さでは信濃(しなの)川に次いで全国2位、流域面積は1万6840平方キロメートルで日本最大である。坂東太郎(ばんどうたろう)の別称がある。[山村順次]

地形・河川改修

上流地域は花崗(かこう)岩が広く分布し、これを侵食して深い谷が続いており、ダムが集中する。大穴(おおあな)で湯檜曽(ゆびそ)川と合流して水上温泉郷の渓谷をなし、さらに赤谷(あかや)川と合流して沼田盆地をつくる。沼田盆地には大規模な数段の河岸段丘が形成され、沼田の市街をのせている。その下流の渋川では吾妻(あがつま)川を流入させて関東平野に出て、高崎付近で、関東山地から流れ出た烏川(からすがわ)、鏑川(かぶらがわ)、神流川(かんながわ)を集めて乱流し、扇状地的平野を形成。中流地域では南流する渡良瀬川(わたらせがわ)、鬼怒川(きぬがわ)、小貝川(こかいがわ)とをあわせて、以後、手賀沼(てがぬま)、印旛沼(いんばぬま)や佐原(さわら)、潮来(いたこ)の水郷の低湿地帯をゆっくりと東流、銚子で幅約1キロメートルの河口に至る。
 下流地域は古代には香取海(かとりうみ)という広い湾入になっており、利根川は東京湾へ注いでいたが、近世になって銚子で太平洋に注ぐ流路に変えられ、その流入土砂によって今日みるような低湿地と湖沼群が形成されたのである。かつての東京湾に注ぐ流路は古(ふる)利根川となり、さらに千葉県関宿(せきやど)(野田市)で江戸川を分流させることにもなった。江戸幕府が行った瀬替えの目的は、江戸市街を水害から守るため、食糧確保のために中川流域の新田(しんでん)開発を進めること、また東北諸藩に対する江戸防御線とすることにもあったといわれる。利根川を埼玉県羽生(はにゅう)市川俣(かわまた)で締め切り、渡良瀬川の改修、瀬替えを行う一方、鬼怒川、小貝川の分離、改修によって利根川の東流を図った。しかし、1594年(文禄3)に始まった工事は二度の人工流路開削を経て1654年(承応3)にいちおうの完成をみたが、利根川の水を鬼怒川水系へ流す連絡水路である赤堀川の川幅が狭く、1809年(文化6)になって川幅を4倍の95メートルに広げるまでは十分な効果をあげられなかった。また茨城県古河(こが)付近では、利根川との合流によって渡良瀬川の逆流がおこって洪水を受けやすくなった。そこで、渡良瀬川合流付近から香取(かとり)市へかけて水塚(みつか)を構え、揚舟(あげぶね)を常備している民家が多くみられた。1900年(明治33)、利根川は直轄河川として高水防御の治水工事が展開されることになり、第一期工事として佐原から笹川(ささがわ)まで直流水路の掘削と築堤が行われ、また明治末から大正期にかけて渡良瀬遊水地(渡良瀬遊水池とも)の工事が行われ洪水調節に役だってきた。[山村順次]

利根川水運

近世期に利根川が東遷されて銚子で太平洋に注ぐようになると、東北の物資が利根川をさかのぼって関宿に至り、ここから江戸川を経由して江戸へ運ばれるようになった。従来の外房(そとぼう)沖を航海するいわゆる外海廻(まわ)りは危険が伴ったため、内廻りとよばれた利根川水運は盛況を呈し、沿岸には多くの河岸(かし)が発達した。下流から銚子、笹川、小見川(おみがわ)、佐原、神崎(こうざき)、滑川(なめがわ)、安食(あじき)、木下(きおろし)、布佐(ふさ)、関宿などの河港があり、江戸川に入って野田、流山(ながれやま)、松戸、行徳(ぎょうとく)などがにぎわった。河岸には船問屋、船宿、料理店などが建ち並んでおり、香取市の小野川沿いにある国指定史跡伊能忠敬(いのうただたか)旧宅も商家の一つであった。木下河岸は銚子から高瀬舟で運ばれた物資を陸揚げし、ここから陸路で白井(しろい)、鎌ヶ谷(かまがや)、行徳へと輸送する中継ぎ基地でもあり、また1678年(延宝6)木下河岸の問屋が茶船の営業を開始して以後、香取、鹿島(かしま)、息栖(いきす)の三社参りの茶船が出入りするようになり、遊覧客の来訪も盛んになった。18世紀末における木下の高瀬舟出船数は年間4000隻にも達した。物資は江戸中期までは城米や蔵米の輸送が主であり、後期になると新たに九十九里の干鰯(ほしか)、銚子の海産物、佐原の酒、銚子・野田のしょうゆなどの江戸送りが多くなった。関宿には幕府の関所が置かれ宿場町としても栄えた。1874年(明治7)に蒸気船が走るようになり、銚子―東京間を18時間で結び、高瀬舟で2週間もかかっていた時代とは比較にならないほどに短縮され、川筋に並行して走る成田線が1933年(昭和8)開通するまで利根川水運は活況を呈した。1886年、政府は茨城県側の要請で、利根川と江戸川を結ぶ大回りのコースを関宿で短縮し、また冬の渇水期に対応するために利根運河の開削に着手し、1890年に完成した。このため所要時間は6時間短縮され、運河を往来する船の数は年間3万8000隻にも上ったが、大正時代になると鉄道との競合で急速に衰退した。[山村順次]

利水

上流地域は1951年(昭和26)に国土総合開発法に基づき利根特定地域に指定され、豊富な水を利用して多目的ダムが建設された。利根川本流の矢木沢ダム(やぎさわだむ)、藤原(ふじわら)ダム、須田貝(すだがい)ダムや支流の赤谷川の相俣(あいまた)ダム、片品(かたしな)川の薗原(そのはら)ダムなどはその例で、発電、洪水調節、灌漑(かんがい)用水、上水道などに利用されている。1970年には水資源開発公団(現、水資源機構)によって、赤城山南麓(なんろく)や榛名(はるな)山東麓に矢木沢ダムの放水を取水して安定した水田経営を図る群馬用水が完成した。中流地域では1968年埼玉県行田(ぎょうだ)市北部に利根大堰(おおぜき)ができ、東京都、埼玉県の上水道や工業用水に使用されたり、荒川の水質浄化に役だっている。下流地域では、笹川と佐原に取水口を設けて九十九里平野の水田へ農業用水を送る大利根用水と、両総用水(りょうそうようすい)がそれぞれ1951年と1965年に完成し、干害に苦しんできた農業の発展に、多大の貢献をしている。しかし、農業用水の水量不足や首都圏での上水道、工業用水の需要増大に対応するため、さらに塩水の逆流で悪影響の出ている水田を改良するために、1971年に河口から18キロメートルの東庄(とうのしょう)町に利根川河口堰が設けられた。かつて沿岸地域で多くの水害を引き起こしてきた利根川も、現在では上流地域は上信越高原国立公園(じょうしんえつこうげんこくりつこうえん)、下流地域は水郷筑波国定公園(すいごうつくばこくていこうえん)に指定され、上流部での渓谷美、温泉、中・下流部での川釣り、舟遊び、河川敷のゴルフ場、運動公園でのレクリエーションや堤防に沿ってのサイクリングなどに利用されている。[山村順次]
『九学会連合利根川流域調査委員会編『利根川――自然・文化・社会』(1971・弘文堂) ▽本間清利著『利根川』(1978・埼玉新聞社) ▽大熊孝著『利根川治水の変遷と水害』(1981・東京大学出版会) ▽川名登著『河川水運の文化史――江戸文化と利根川文化圏』(1993・雄山閣出版) ▽森田保編『利根川事典』(1994・新人物往来社) ▽利根川研究会編『利根川の洪水――語り継ぐ流域の歴史』(1995・山海堂) ▽利根川文化研究会編『利根川・荒川流域の生活と文化』(1995・国書刊行会) ▽金井忠夫著『利根川の歴史――源流から河口まで』(1997・日本図書刊行会、近代文芸社発売) ▽山本鉱太郎著『新・利根川図志』上下(1997、1998・崙書房出版) ▽北野進・是永定美編『利根川――人と技術文化』(1999・雄山閣出版) ▽宮村忠監修、アーカイブス利根川編集委員会編『アーカイブス利根川』(2001・信山社出版、大学図書発売) ▽渡辺英夫著『近代利根川水運史の研究』(2002・吉川弘文館) ▽新井幸人著『緑の水脈――群馬・利根川流域の美しい自然』(2004・小学館) ▽利根川文化研究会編『利根川荒川事典』(2004・国書刊行会) ▽赤松宗旦・柳田国男著『利根川図志』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

利根川
(千葉県銚子市)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とね‐がわ ‥がは【利根川】
関東地方を西北から南東流する川。三国山脈の大水上山付近に発源し、赤谷川、吾妻川、渡良瀬川、鬼怒川など支流約二八五を合わせ、関東平野を貫き、銚子市で太平洋に注ぐ。下流域には霞ケ浦、北浦、印旛沼など湖沼地帯をつくる。古来しばしば氾濫を起こし、江戸前期に本格的な治水工事に着手。荒川、入間川を支流として東京湾に注いでいたものを元和七~承応三年(一六二一‐五四)の工事で現在の流路・河口に変更。発電、工業、農業、飲料用水、水運、漁業など経済的価値が大きい。全長三二二キロメートル。信濃川に次ぐ日本第二位の長流。上代は「刀禰河」と表記。坂東太郎。
※万葉(8C後)一四・三四一三「刀禰河泊(トネガハ)の川瀬も知らず直渡(ただわた)り波にあふのすあへる君かも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利根川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

利根川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation